眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

LIVE IN LIVE

今年のライブも残すところ後一つになってしまったわけですが、今年は本当にたくさんのライブに行った行き過ぎた散財が物凄くていくらかかったのかを数えることはしないんですけれど、ドリンクチケット代だけで30,000円はいっていると思うと恐ろしくて恐ろしくてそりゃお金がたまらないわけですよまあ今会社から頂いているお給料もそこまで、多くはないし家賃はかかるし食費もばかにならないし本とか音楽とかにお金を費やしていたら預金のグラフはほぼ直線を描いているってのはまあしょうがないことだけど、さすがにライブに行き過ぎたわ。でも、ライブに行くおかげで家にあまり隠らなくなったんですよ。18時にライブがあると遅くても16時には家に出なくちゃいけないんで、そしてライブから帰ってきたら結構遅い時間なんで、16時までにやれることはやるために計画を立てるんですね、一日に何するかを。普段はそんなことしないんで、ライブがある日はきちっとした一日を過ごすことができるんですよ。それだけでもいいんですけど、ライブハウスって東京のいろんなところにあるし、それこそ特別な場所でやってくれることもあって。最近だと競馬場の中にある宴会場でのライブにも足を運んだし、去年は江ノ島にあるバーで特別な一夜を過ごせたし。ライブのおかげで休日にうじうじ自分を責めることが少なくなって、精神が安定するようになったんですね。それを考えると、ライブって自分にとっては精神安定剤なのかもなって思うんです。まあ、昔に比べて体力が落ちたんで一時間半のライブでもへとへとになるし、ジャンプすることも減ったな。それでもライブが終わったあとは自分は何もしていないけれど達成感を感じるんですよね。これが気持ちいい。こんな手軽にこの感情を手にすることがいいなかどうかは知らんけど、まあこれのせいで何かおかしくなったってことはないんで大丈夫なんでしょう、多分。来年は今年ほどは行かないにしても、要所要所にライブの予定を入れて、常にワクワクした気持ちを感じていたいですね。

広告を非表示にする