眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

逃げてばかりもいられないから

人間関係において、こと仕事上であるならば互いに相手を尊重しあうというのがとても大切だと思う。相手を見下す態度をとっていると職場の雰囲気が悪くなるし、見下された方は相手が困っているときに力になりたい、と思わなくなる。上司だからって威張り散らかしてばかりいたら部下はついてこなくなるし、部下だって身分を弁えずに自分の言いたいことばかり言い散らかしてばかりいたら周りの人はその人に対して良い印象をもたない。何事もバランスで、どのように行動したら相手は気持ちよく仕事ができるんだろうと常に想像すること、そしてそれを実際に行動にうつすこと。そんなことが仕事の効率を上げてくれるし、互いに相手が間違っているときはそれを言ってあげたりよくできていたら誉めてあげたりして、職場がいい雰囲気に包まれる。仕事をすることにおいて大切なのは、そういった相手に対しての気遣いなんじゃなかろうかと、周りを眺めていて思ったわけですよ。はい、こんな大層なことを言えるほどまだ私はそんなに仕事をしてないですけど、そんなことすらもできずに自分のしたいことを周りに撒き散らしてい人を見ると、なんだかなあここはそういう場所じゃないことぐらいわからないかなと寂しくなります。かくいう自分も上記のことを完璧にこなせているわけではないので、できる範囲から少しずつやっていくしかないんですけどね。以上です。

広告を非表示にする