眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

合わなくてもいい

フランソワでまったりとしている。客の気配がなく、まるで自分の家でくつろいでいるかのようである。先ほどまであるブログで紹介されていて気になっていた本を今日買って読んでいたのだが、合わなかった。海外の本は今まで殆ど読んだことがなく、今回はこれを機に分野を広げてみようと思ったのだが、無理でした。何がいけないんでしょうね。話自体があまり面白く感じないんですよ。あとは翻訳されているせいなのか、文体がいつも読んでいるような本と違ってあまり馴染みがないんですよね。今までも何回か海外の本に挑戦してきたんですけど、なかなか駄目ですね。

 

この旅行を計画したときは3泊4日にしようと思ったんですが、いろいろあって結果的に2泊にしておいてよかったなと。京都凄い好きだわーと思っていたのですが、今回でそんなでもないなと気づきました。今まで何がよかったと思って頻繁に来ていたんだろう。今住んでいる所が恵まれ過ぎているお陰なのでしょうかね。こうやって一人、異境の地で一日中のんびりとしてると、せかせかとした日常に戻りたくない!という気持ちが強くなってくるかと思ったんですが、そんなでもないようです。それなりに日常も好んでいたのでしょう。書く前はもうちょっと大きなことを書こうと思ったんですけれど、なかなか思う通りにならないものですね。以上です。

 

 

くじ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

くじ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 

広告を非表示にする