眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

退屈なら退屈のままでいいじゃないか

億劫な季節になりましたね。不安はまだ取り除かれないのですが、そちらの方はいかがお過ごしでしょうか。元気でやっていることをお祈りします。

 

 

つまらないことばかりに目を配っているのは健康的ではないから、いやになったら逃げ出せばいいじゃないか。そんなに簡単でもないか。勝手に自分で枠を作って、そのなかに収まらなくちゃいけないと思い込んでることって年を重ねるごとに多くなっていないか。私はたくさんある。こういうときはこういう振る舞いをしたほうがいいよ、しなければいけないよ、しなよという声が頭の中で響いて、自分の意思で動けなくなる。なんでこんなにも窮屈になってしまったんだろうね、なにがわるいんだろうね。終わりのない犯人探し。そんなことするよりも自分の思い込みをそっとほぐしてあげるほうが手っ取り早いのにね。

 

 

他人を見て気づくことが多い。相変わらず人間が苦手なので、自分のなかでぜんぶ決めるのが楽なんですけど。こんなとき他人はどんな振る舞いをしていらっしゃるのかしらと観てると、たまにですけど、興味深いことに気づいてちょっとほっとする。そんなこと、寝てしまったらすぐに忘れてしまうのですが。

 

 

書けば書くほど自分が思っていることから遠ざかっていくこの現象はなんだ。こんなことを書こうとある程度は構成を考えるのですが、いざ書き始めると思いもしなかったことがぺらぺらと勝手にしゃしゃりだしてきて、面白いのです。後で見返したら「寒っ」となるのであまり見返すことはないのですが、自分の頭ではないところから発せられている言葉を紡ぎ続ける感覚が楽しいので、まだまだこのブログは続けていきたいと思っているわけで、出来れば抽象的なことばかりを書き続けたいという贅沢な願いは叶うのでしょうか。

 

 

 

鬼(初回限定盤)(DVD付)

鬼(初回限定盤)(DVD付)