眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

そして次の曲が始まるのです

この瞬間を味わうために今までやってきたって思える瞬間に出会えるのが日々の楽しみで、小説を読むのも音楽を聴くのもそんなことのためなのかなって。
今週もすごくよくて、すっごく絵が綺麗だな、丁寧に描いているなって。
それだけでも幸せなのに、場面場面がいちいちツボにきて。
今まで観てきてよかったって素直に思えたんだよ。



最近の音楽事情
朝:Green Day「Revolution Radio」
昼:クリープハイプ「世界観」
夜:米津玄師「Bremen」



本を読めば読むほど、そのまえの自分では出会うことがなかったであろう作品にぶつかって、夢中で読んで、読めば読むほどどんどん自分の楽しいが増えていってまた読んでいきたいってなって。
とことん突き詰めていくことが好きっていうか気づいたらしてて、そんなことを人間との関係でも適用できたらなって。
一人だなあ。
慣れてしまったな。



広告を非表示にする