眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

遠くに行きたい

たまに自分が自分じゃなくなる感覚に襲われるときが来るんですけど、今日がその日でした。そういう感覚になる日は決まって過度のストレス・プレッシャーに潰されそうになっているときにやってきて、自分を守ってくれているような気持ちになれるんですけど、…

頑丈にできている

社会に出たら、厳しい鬼のような上司からミスをつつかれては罵詈雑言を浴びせられて、へいこらへいこらしているうちに自分というものを無くしていって、会社の狗としてせっせと働くのだろうなと学生の頃は思っていたんです。けれどそんなことはなく、まあ上…

変わらなかった

去年の3月に新しい部署に配属されて、新しい土地に住み始めて、一ヶ月遅れで彼女と同棲を始めて、毎日毎日判を押したように同じような日々の繰り返しを耐えて耐えて耐えて。結果、もうそろそろ一年が経とうとしているんですけど、細かいところでは変わってい…

ずっと騙されていたかった

人と話すのが苦手なので、相手の感情をコミュニケーションをとらないで自分の憶測で勝手に決めつけて、どじ踏んできた人生である。これからもきっとたくさんの勘違いをして、たくさんの恥をかいて、たくさんの寂しさを抱えながら生きていくだろうーなー。話…

始まらなくてもいい

今のままでいることだって大変なことなのに、さらに上に行こうとするから疲れてしまう。上を目指して目指して、頑張って着いた所に何があるのか分からないし、そんなに苦労するなら別に今のままでいいんじゃない、何をそんなに焦っているの?と思ってしまう…

食欲は尽きることはない

最近のお昼ごはんはできるだけ外でとるようにしている。今年の初めから多大なるストレスを感じるようになって、それの昇華の仕方がうまく思い付かなく、食欲でごまかすという付け焼き刃の戦略を取っている。以前は節約のために毎日ご飯をタッパーにつめてふ…

こんな僕を許してくれないか?

もう前に進むことに疲れてしまった。これ以上一歩たりとも動きたくない。ここで踞って、今まで意識したことがなかったようなことに思いを巡らせて新鮮な気持ちで一日を過ごそう。どんな馬鹿げたことでもいい、心から清々しさを感じられるようなことを考えて…

いつまでたっても

今日もへまをした。僕の悪い癖なのだが、分からないことを分かろうとする努力を怠ったせいで周りの人に影響を与えてしまった。一回説明されただけでは理解できないほど頭金カチカチなんだけど、相手の「分かっただろ?」という視線に耐えきれずに分かっても…

よけいに

いつも余裕をもって会社に行っているのだが、早く行っても時間が勿体ないと思い、一昨日から10分遅れて家を出るようにした。家で過ごす時間が10分増えたので有意義なものになるのかと思いきや、電車の中が大変カオスなことになっていて、逆に疲れてしまうの…

夢を見る夢を見た

物事を大切に扱おうと変に張り切ってしまうから、無駄に力が入ってうまくいかないことが多すぎる。もっといい加減に考えた方がちょうどいいようになると思うんだけど、少しでも気を抜けば誰かに責められるんじゃないかと不安になって、方向の間違った一所懸…

生きるのが下手である

小学生にあがる頃ぐらいに「あれ、生きるのって難しくね?」とハードモードに突入しました。その頃から自分の言いたいことをうまく言えなくなってきて、言って変な空気になるぐらいであったら何も言わないでおこうとする癖がついて。言葉を発することを極端…

今日も心で吠え続ける

ままならない日々を重ねていくと踞りたくなるけど、前に少しでも進みたいから怪我を覚悟で動きつづけるしかない。会社の常識とかそんなの知らないし知りたくもないけど知らなくちゃうまくやっていけないのなら、いやいやだけど装備していかなくちゃ。上司か…

おはようカルチャーツアー2017 〜クライマックス今夜の僕ら編〜 感想

go!go!vanillasのライブを見た。 曲は好きなんです。特に期待してなかった「カメレオンライツ」が聴けば聴くほど好きになっていって、去年はたいへんお世話になりました。曲はすごくいいんです、けどライブパフォーマンスが、ね。頑張って盛り上げようとして…

不思議な日常

終始ふわふわとした感覚を保ちながら、明日のこととか片隅で考えながら夢中で一気に読み終えてしまったった。キャラクターのくせがいい感じに設定されていて、安心しきって読んでいる最中に普段はあまり考えないようなことがぼんやりと頭に浮かんでくるのを…

散々な一日

うまくいかないことが立て続けに起こる日があるんですけど、これは神様の悪戯か、私を試しているのかってぐらいの畳み掛けてくる日があるんですけど、まさに今日それでした。まあ、今まで怠けてきた(つもりはないけどこの世界ではそういう風に扱われるらしい…

しごとのできないやつ

仕事を頼まれたらその場で期限を聞くこと。そしてその仕事をやっていくうちに分からないことが出てきたら先輩に聞くこと。そして分からないからといって自分の都合で放置しないこと。こんな当たり前のことが私にはできていなくて、幾度となく断崖に立たされ…

2017冬アニメ途中経過報告

今期のアニメは豊作が多い。期待していなかった「ガヴリールドロップアウト」が抜群に面白い。キャラの個性がいい塩梅で立っているし、ギャグも寒くなく、毎週楽しみにしてみれる。安心してみれるのだ、変にそわそわしないでもいいぐらいに。これほどの安定…

世界を肯定する

自分に焦点を当てすぎているからこんなにも苦しくなり、うまくいかないのか。 他人というのがあまりにも軽視され過ぎていて、自分がまず満足してから他人についても考えようとしているせいで人とうまくいっていないような気がする。 この間のカウンセリング…

王道なんか目指さなくていい

考えることを放棄して目の前にあるものだけを見て、周りの反応を窺いながらへいこら頭を下げてばかりいたら自分というものが消失して、かたちは自分だけど中身は空っぽがらんどうのつまらない人間になってしまう。今自分がどのような状況に置かれているのか…

働くということ

皆、我慢しながら働いているのだろうか。 上司の圧力だったり、やってもやっても終わらない作業だったり、歪みきった人間関係に嫌気が差さないのだろうか。 それとも、働き続けていれば心が麻痺してきてそんなようなことでは動じなくなるのだろうか。 そんな…

働くことは負けなのか

昨日は昼前に起きて「やっちゃったな」と思いながらアニメをサクサク見ていって、「ハドソン川の奇跡」を見た。途中眠気が来て横たわっていたら話が結構進んでいた。このままでもいいかと思ったが、完璧主義な自分がそれを許してくれなくて、時間が戻された…

この世はくだらないことが多すぎる

くだらない会話というものができない。というかそんなことをしているぐらいなら読みかけの本を少しでも先に進めたい。先ほども某寿司屋さんで並んでいるときに、大学生らしき集団がくだらないことを話しているのが聞こえてきて辟易した。やれあの女優は腹が…

消費されていく我が人生

昔から並ぶということが嫌いだ。並ぶということは時間を無駄にしているという感覚が昔から強く、そんなにしてまで食べるほどか?買うほどか?と思うとそんなでもないよな、結局は並ばないことが多かった。でも、生きているとどうしても並ばざるをおえない状…

はじめていく

先程、カウンセリングなるものを初めて受けてきた。強面のおっさんが高圧的に自分の至らないところを延々と責め立ててくるのではないかという妄想がぐるぐる渦巻いていたのだが、実際に出てきたのは優しそうな女性でした。話した内容としては 「どんなことで…

苦しみから逃げることは負けではない

たくさんの仕事を押し付けられている。一番したなので文句を言うことは許されていない、と自分では思っているが、異議を唱えてもいいのだろうか。たくさんの雑務をばかり任されて、仕事のコアのぶぶんはほとんど任されない、任されたとしても引き継ぎが雑す…

いつまで会社勤めで心をすり減らしているの?

先週は仕事における自分の努力不足でメンタルがボロボロにやられていた。電車に通勤電車に乗っているときにこのまま東京駅までいって、新幹線で地元に帰るか、それとも...と危ない思考に囚われていた。 今は自分を客観視できるほど落ち着いたのだが、あのと…

Shoegazer speaker in swanky street

仕事をなんとか終わらせて急いで会場へ向かった。久しぶりのダイバーシティ、きれいな箱だし音響もけっこういいからお気に入りのライブハウス。一番手はユニゾン。カバーアルバムに入っているのとは違う入りかたの「Fool on the planet」から一気にテンショ…

通勤電車

通勤途中の電車に乗っている。 外の景色がみるみる変わっていく。 仕事になんて行きたくない。 甘えだってわかっている。 でも、あそこで自分を殺して半日を過ごすことにもう飽き飽きしているんだ。 どこか、知らない街へ。 電車よ、知らない街まで僕を連れ…

仕事をすることに理由なんか考え始めたらつまらない人間になっちゃうよ

仕事の目的がない。 自己実現とか自己成長だとか、社会に貢献会社に貢献!なんて言ってみたいが、そんな気持ちはさらさら生じない。 ただ上に任されたことを迅速かつ正確にやり遂げて、おっさんに怒られないようにうまく資料を提出することばかりしているか…

どーでもいい

今自分の周りにあるものが百年後には殆どこの世界から消失していることを思えば、目の前のくそったれな状況にいちいちメンタルをやられそうになることを回避する手助けになる。 どうせ全ては消えてなくなってしまうんだから、自分を苦しめている(と自分で考…

なんで話しかけられないんだろう

職場の人とうまくコミュニケーションをとることができない。 人と接することの不器用さに関しては誇れるほど気にしている人間で、勝手に相手の心情を想像して積極的に話しかけることができなくなるんです、変に思われてしまわないか不安で(話しかけないで黙…

休日はいつも後悔ばかり

[ダメダメな休日のパターン] 朝の6時ぐらいに一度起きるが、眠気に負けて布団でごろごろして眠る 10時ぐらいに起きるが何もやる気が起こらない。洗濯物と洗い物がたまっているが片付ける気力がない。朝御飯を食べるのも億劫なので買いだめしておいた堅あげポ…

変わらない

一日が早く流れる。やりたいことはたくさんあるのに、つまらないことに時間を取られてしまい、気付いたら一日が終わっていることが最近多くなった。仕事による心身の摩耗が今年に入ってからひどくなって、会社から帰ってきても頭がなかなか切り替えられずに…

立ち止まる

思いとどまってふらふらしながらでもなんとか立っている状態で、ふとした拍子に終わらせたくなる気持ちが込み上げてきてすごく辛くなる。今自分の姿を客観的に見たらひどい表情をしているんだろう、心がこんなにも荒れ果てているのだから。きっかけはちっぽ…

深呼吸して

緊張しいな性格なので、配属されて半年以上もたつっていうのに周りと全然打ち解けられないでうちひしがれる日々がずーっと続いていて。昔っから物事に慣れるのが遅い、基本怯えた姿勢で向き合うから打ち解けるまでにすごい時間がかかって。大学時代の部活だ…

明日また同じ日が来るとしても

今日は一日を細分化して、計画的に時間を過ごそうとは思ったんです。朝も平日と同じ時間に起きて、彼女と気持ちいい天気のもとで散歩をして、いいスタートを切れたぞと思ったんですよ。そこで満足しちゃった。家についてからはたまっていたアニメを堪能して…

なんにもないけどさ、

会社へと向かう電車の中で「あっこれはだめだ」とこれまで生きてきたなかでたぶん一位ぐらいの消えてしまいたい感が襲ってきて、それはなんでかというと仕事を完璧に覚えていないのにそれを人の前で披露するというイベントが待ち構えていて、相手はその仕事…

つきぬける

自分を縛り付けているのは自分だ。こんなことを言ったら人に嫌われるんじゃないかと言動を規制しがちな自分だが、誰かにそう頼まれた訳でもないのに奥手になるのは自分がそういう人間であるからと過去から続く自分が変化を恐れて僕を縛り付けるから。何も変…

明けない夜が来ることはない

実際の自分よりも大きく見せたいという気持ちのせいでそれがうまくいかなかったときに自分を責めてしまい萎縮してしまう、自分はそんなに大きな人間ではないのに。余計なプライドが邪魔をして自分の行動を抑制して、行動がぎこちなくなってしまう。自分はも…

明日も今日と同じような日が来るのなら

いろんなことに対してめんどくささを感じて生きづらい気持ちを抱えながら日々を送るのはなんとも負荷がかかるもので、まずそういう気持ちが持続してると肩こりがひどくなってきて呼吸が苦しくなってきて、今抱えているものをうおりゃっっと投げたくなるんで…

飛べない鳥よ空をぶっ飛んでいけ

今年初のライブのために鶯谷にある東京キネマ倶楽部に行ってきました。ここのライブハウスは他のライブハウスとは一味異なっていて、艶やかな雰囲気が漂っていていつもとは違う心意気でライブに臨むことができるんですよ(といっても今回で2回目なんですけど…

飲み会の憂鬱

会社の飲み会があるたんびにため息をつく人間の私ですが、どうして嫌なのか改めて考えてみたんですけど、上司に対しての姿勢が未だに定まっていないからどこまでの範囲まで物事を言えばいいのか、どこからがアウトなのか判断がつかない、ので話すことが躊躇…

一人って楽しい

今一人きりの部屋でこの文章を書いているんですけど、一人って本当に落ち着きます。他人に対して気配りをするのがへたっぴな人間なので、自分以外の人間がいると隙あらば(なにかしらやらかしていないだろうか、自分)思考のスイッチが入ってしまい、自分を操…

黙って俺についてきます

やるんだったら初めから全てを自分でこなしたい性格なので、途中で投げ出されたのを任されたり、やっている最中に茶々を入れられるとイラッとするしそんならあんたがやれよと思ってしまう。ちょいちょい状況を確認してくるくせに自分はその活動に加わろうと…

無意味に意味がある

寝てばかり、ゴロゴロしてばかりの年末年始でした。はりきって簿記の参考書を持ってきたのにも関わらず、一度も開くことなく休みが終わることになり一抹の罪悪感を感じると共に、それでもこういう休みの過ごし方は最高だよなと思いながら東京にそろそろ着く…

どん底からのはじまり

The Beatlesばかり聴いてる。古い頃のほうが今はしっくりきてる。まだ音楽的な実験をしてない頃の、まっすぐにロックを鳴らしている初期のThe Beatlesが最近になってはまりだしてる。高校生の頃にオリジナルアルバムのリマスター版が出て勢いで全部集めたが…

「耐」

年々、一年が過ぎるのが早く感じるのですが、今年は特に早く過ぎ、「この一年で自分は何ができたのか、何を残すことができたのか」と不安になりました。今までの人生でもそこまで大したことをできたわけではなかったのですが、それを殊更に思い知らされた一…

生き続ける限り考えることをやめることはできない

大学のサークルの仲間と一年ぶりに飲みにいきまして、上の代が結構来ていらっしゃってドンチャン騒ぎを繰り広げており、この感じを思い出してしまうと辛くなるのですが全盛期のあの頃を思い出して、もうそんなにあれから月日がたってしまったのかとしみじみ…

2008年 読書本ベスト10

大掃除をしていたらとても懐かしいものが出てきたので、備忘録がわりに載せておきます。 第10位 奥田英朗「邪魔」 邪魔 作者: 奥田英朗 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2001/04 メディア: 単行本 クリック: 200回 この商品を含むブログ (48件) を見る 第9…

きょうもひとりにしてくれ

実家に帰省して一日中ごろごろしてると、東京にいたときとは違った考え方をするようになって、自分が置かれていた状況を異なる視点で眺めることができて、自分がまだまだ努力が足りていなかったんじゃないかと思うけど、それはあくまでも一つの考え方であっ…