眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

二〇一七年七月七日のきもち

今年の七夕は晴れた。そうか、さっきから浴衣の老若男女が入り乱れて新宿を闊歩、雑談をしているがその関連なのか。それはそうとさっき、太陽が照りつける横断歩道を歩いているとき、まるで生きていないような、材木が水に浮かんでいるような感覚がした気が…

どうやらまだ僕は生きていくそうだ

仕事を辞めることを頻繁に考えている。今の仕事はブラックではないが、このままここにいたら遅かれ早かれ腐っていくだろうなという不安がある。道としては3つ。今の仕事を辞めて、新しい職場に突入する。行きたい業種としては小さい頃から慣れ親しんできた本…

一軍の本棚のラインナップ(2017.7.5)

ケン・リュウの文庫本二作品。これぐらいの分量なら一つにまとめてくれよ。 紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1) 作者: ケンリュウ,伊藤彰剛,古沢嘉通 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2017/04/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る も…

やめるときも、すこやかなるときも 感想文

タイトルがずるい。このタイトルだけでもう満足してしまって、本編の方はもう途中からどうでもよくなった。男視点と女視点を交互に挟んで、二人がどのようにして近づいていき離れ、そして......みたいなおりこうさんな筋書きにそった優等生のような作品でし…

フランケンシュタインの恋 10話 感想

bigpopmonster.hatenadiary.jp 最後がこうあっけなく終わってしまって、今まで積み上げてきた様々な所作は無駄になってしまった。もうどうでもよくなった。二階堂ふみが可愛かった、川栄が力強い演技をしていた。もうそれだけでいいのだ。今までこつこつとや…

まだなんとか這いつくばっている

bigpopmonster.hatenadiary.jp すごく会社を辞めたくて、一刻も早く地元に帰って親に甘えて、少しずつ立て直してなんとか元通りとまではいかないけれど現場に戻ってこれてからもう3ヶ月がたつと思うとあっという間だなとともに、現状としてはあまり変わって…

意味のないことをくりかえす

人生を真面目に捉えようとすると逆に人生に捕らわれてしまって訳がわからなくなる。ゴールのない迷路に迷いこんだみたいな不安な気持ちをいつまでも感じ続けることになる。どこまで行っても正解はないから、自分で要所要所で区切りをつける。ここまでで終わ…

もうだめかもって思ったけど

俺が悪いのかお前が悪いのか。 俺が悪いのか世界が悪いのか。 どっちがどっちかなんていいから、もうこんな辛い思いを心に抱かせてあげたくない。 俺はもっと俺を大事にしてあげなくちゃいけないんだ。 邪険に扱って、自分の心を腐らせては駄目だ。 どんなに…

怪物が吐き出されそうになった

さっきから気分が悪い、今にも吐いてしまいそうだ。いっそ体の中の腐ったものを全部出してしまえれば楽になれるのかな。こんなにも心が沸騰して、自分を棄てたくなったのは久しぶりでどうにも収まりが悪い。このまま消えてしまいたい。なんなんだあいつは。…

この思いを殺してはいけない

最近生活に慣れきっている。ひりひりとした生活を意図的に避けて、刺激のない何も起こらない平和な日々を送っている。少しずつ、心が腐っていく。上司に軽口を叩かれても、後輩に杜撰な対応をされて、いらっとするだろう。そんなときに自分の心を殺して何も…

まだ生きている

話すのが苦手である。なので本当は理系にいって研究職を目指すべきであった。高校のときに文系か理系か決める瞬間があり、理科と数学が文系の科目に比べて少し苦手であるというただそれだけの理由で文系を選んでしまった。今考えるとあのときが私の人生のタ…

夢ばかり見てた

夢といっても未来に実現させようとする方ではなく、寝てるときに見かけるあれの方だ。昨日今日と湿気が凄くてその現実から目をそらすためにどちらも午後まで寝ていた。というより寝込んでいた。平日の肉体労働もその睡眠の後押しをして、昨日なんか日がな一…

YUKI concert tour“Blink Blink”2017 7/2 感想

YUKIのライブを横浜アリーナで観てきた。彼女のライブを観たのは今回が2回目で、初めては2年前の代々木体育館です。ちなみにそのときのセットリストが以下になります。 YUKI LIVE dance in a circle '15 01.プリズム02.ロックンロールスター03.ふがいないや0…

不安から不安が生まれる

本を読めば読むほど、「あー楽しかった」という読後感よりも、たくさん増えていく読みたい本を前にして「この本を全て読みきることが一生だけではできない」という圧倒的な敗北感に打ちのめされる。読めば読むほどその不安が増えてきて、でもその不安を打ち…

いや、そんな名前の人知らない!

日常の摩擦に疲れきって全く動かなくなった頭にかわいいイラストのアニメを存分に流し込む。最初の方は話がうまく頭のなかに入ってこなくてぼーっとしているが、少しずつ養分を摂取して動き始めた頭でのんびりと楽しく拝見させて頂きました。前作の「俺妹」…

くねくね

長い。ひたすらに長い。途中で放り投げ出してしまおうと何度思ったことか。町田康の特大長編「宿屋めぐり」をようやっと読み終えて、もう懲り懲りだと思いながらKindleを閉じた。「告白」はすんごく面白かった。まあ途中中弛みするところもあったけれど、ほ…

決めない勇気

本なんか読んでいる場合じゃない、早く転職のための勉強をしなくちゃともう一人の自分がさっきから喧しく騒いでいる。そうなんだけど、あれだけ今の仕事を辞めたいと思ってもいざ辞める段になると「ほんとに辞めてよかったのだろうか」と不安になるだろうし…

まだ間に合う

仕事を終えて、ジムでしっかりと運動をして、家に帰ってささっと夕飯を作って食べて、んでクーラーつけた部屋で布団に寝転びながら音楽を聴いて今この時間だけに集中して幸せを噛み締める。この幸せのためにきっと僕は毎日を頑張れる。街の喧騒から抜け出し…

純度100%の自分で生きたい

余計なものが多すぎる。私が人生を生きていく上で、邪魔なものが多すぎて混じりっけなし純度100%の自分と出会えない。会社で自分を圧し殺して生きると、それが癖になって一人になってもついつい自分が外に表出しないように無自覚に息を止めている。やりたい…

幸せな空想

今勤めている会社を辞めて、海外へ →2年半世界中をぶらぶらとして、イギリスの音楽が盛んなところで弾き語りを始める →1年半後にあるバンドのメンバーから声をかけられて、バンドのフロントマンを務めることになる →地道にライブ活動を続けていき、熱狂的な…

それでも日々は続いてく

最近津村記久子の本ばかり読んでる。あとはKindleで町田康の本も隙間時間にちびちびと読んでる。本を読んでると自分の心の状態がわかるんですけど、調子がいいなってときはすーっと文章が頭のなかに入ってきて物語がさくっと構築されてそれをただぼんやりと…

音楽があればそれだけでいい

私が本格的に音楽にのめり込み始めたのが高校生で、その頃はベボベがメジャー1stを出してたり、RADWIMPSが4枚目のアルバムを出してて、それらの新しい音楽を聴いて「これめっちゃ楽しいじゃん!」と前のめりぎみに興奮していた。あの頃が音楽を聴いていて一…

フランケンシュタインの恋 9話 感想

bigpopmonster.hatenadiary.jp まあもういいかなって思う。観始めた頃のあのワクワク感を大事にしながら、これから生きていこう。そうだ、これはもう消化試合なのだ。予想できてしまえるような物語に何の意味がある、先が読めないから物語を読み進める意味が…

Love Like Rock vol.8 6/18 感想

aikoのライブに行ったのは前回が初めてで、Love Like Pop vol.17.5であった。ちなみにそのときのセットリストがこちら。 01.運命02.be master of life03.風招き04.愛の病05.花風06.サイダー07.キスの息08.ドライヤー09.気付かれないように10.恋のスーパーボ…

はじめます

今日から本格的にダイエットをはじめます。まず、食習慣の改善。ラーメンや中華料理などといった脂っこいものは禁止にします。豚骨ラーメンも油淋鶏ともしばらくの間はお別れします。今日は半年前に懇意にしていた海鮮丼を食べて、明日は蕎麦を食べようかと…

無礼講などない

それまで親しくしていたのにふとしたきっかけで「なんだこいつきもちわるいな」とその人に対する評価ががくーんと落ちるときがある。許せないような言動であったり、そんなことを思いながら私と接していたのかという失望であったりするのだが、最近はそれが…

仕事のことはそれほどでも

仕事中、ほんっとにやることがない。始業して10分ほどいそいそと作業を片付けて、はて私はこれから何をしたらいいのかしらと途方に暮れる。周りを見回しても暇そうに虚ろな目でパソコンのディスプレイを見ている人か何かしら忙しそうにカタカタと神経質にキ…

昨日と同じような明日が来るような気がする今日

4週間前から、「あれっ、もう今週も終わっちゃうの?」と時間の流れの早さにびっくりしていることに気付いてしまった。毎週毎週そんなことを思っているから、「あれ、ちゃんと一週間過ぎたよな。途中で巻き戻ったりしてないよな」と不安になる。最近、特に時…

2017 夏 アニメ 視聴予定

賭ケグルイ(☆☆☆)TOKYO MX:7/1(土) 22:00~ 潔癖男子!青山くん(☆☆☆)TOKYO MX:7/2(日) 24:00~ 恋と嘘(☆☆)TOKYO MX:7/3(月) 24:00~ アホガール(☆☆)TOKYO MX:7/4(火) 23:00~ 徒然チルドレン(☆☆☆)TOKYO MX:7/4(火) 23:15〜 ナナマル サンバツ(☆☆☆☆)日本…

太っているのがやだ

半年前から昼に外食をするようになってから、特に中華料理を食べ始めるようになってから太っているなと感じてはいたがそのままにしていたら驚くほどに太ってしまった。今までの人生で太って落ち込むことはおそらく今回が初めてである。今思えば新陳代謝に恵…

フランケンシュタインの恋 8話 感想

bigpopmonster.hatenadiary.jp 来週は過去の記憶を取り戻した研さんの過去編に突入!ということで今回は前回と次回の繋ぎ的な話だったので特にこれといって感想はないんですけれど、ここまで来るのに長かった。もうさっさと継実の病気を治してあげろよと言い…

僕は君の憧れでいられるのかな

例えば謂われもないことで他人に叱責されるとき。例えば満員電車のなかで足を踏まれたにも関わらず知らんぷりをされたとき。例えば自分や自分の大切な人のことを悪く言われたとき。そんなときに少しずつ僕の生きていく力が減っていく。目には見えないそれは…

素晴らしき日々よ

僕が小学生の頃に比べて楽しむためのツールが莫大に増えた。あの頃は一握りのゲームが最先端のエンタメで、それ以外は人力の遊びばかりしていた。突如ドッジボールが始まってみんながわーって集まり、男女入り乱れてボールを投げまくっていた。かくれんぼで…

君は永遠にそいつらより若い

本のタイトルが抜群にかっこよくて、それだけでもう100点!!ってつけたくなるぐらい。どうしてもうだつのあがらない日々をもんもんと過ごしていく日々をどうしようもないけど飲み込む人々の様子が克明に描かれていて、生きていくって不確かなものであって希…

頂点なんてこんなもんじゃないだろ

昨日はa flood of circleのライブを観にZepp DiverCity TOKYOへ行って来ました。彼らのライブを見るのは年始の鬼殺し以来なので約半年ぶり。新譜の出来も上々だったので膨らむ期待を胸にライブを待ってました。一曲目からポエトリーリーディング的ロック「El…

へこむやつ

いやあ、あれは地味にへこみますよ。さっきなんですけど、今日終わらせなくちゃいけない作業があって集中して取り組んでいたときに視界の片隅に上司が何かしら合図を送ってまして。そういうときは上司の所まで行って「どうしたんですか、何かお手伝い出来る…

夢のあとのさみしさ

賑やかな夢を長く見ていたあとに渋々起きたあとのあの寂しさはどうしたらいいんだろ。今がちょうどそのときで、夢のディテールは忘れてしまったが、とにかく騒がしくて楽しかった余韻を引き摺りながら、でも現実はそんなもんじゃないんだよ、むしろ対角の位…

いきのばし

ピーズというバンドが今日、武道館でライブをやっていたようで、昨日まで行こうかどうか悩んで諦めた。曲を殆ど知らないから盛り上がれるかどうか分からなかったからだ。でもライブの醍醐味は盛り上がることだけではなく、今までそこまで接してこなかったバ…

そう遠くない未来

式関係が苦手だ。格式ばった舞台で真面目くさった顔をしている人を見ると別に可笑しくもないのに顔がにやけてしまう。あまりにもその頻度が多かったので、何度も何度も口のなかを噛んで、たらたらと血が口のなかで流れるのを感じていた。あのまじめきった顔…

いい加減にいい加減

物事を真面目に捉えるから人生が辛くなる。生きていて自分が出会うものに意味を見いだそうとして、うまく見つけられなくて苦しくなる。物事に意味なんてない、ただそこにあるものを人間が善悪を判断して行き詰まる。詰まった喉をむりやり押し広げて他人の気…

眠れずに今日もあくびをかみ殺す

見てきた物や聞いた事 いままで覚えた全部でたらめだったら面白い そんな気持ち分かるでしょう答えはきっと奥の方 心のずっと奥の方涙はそこからやって来る 心のずっと奥の方 THE BLUE HARTS「情熱の薔薇」 今まで起きたことが全部嘘であってほしいという気…

ターニングポイント

そろそろ戻れないところまで来ていることは分かっている。でも動けない、どこに向かって歩き出したらいいのか分からない。周りを見ていると悩んでいる素振りもなく淡々と仕事をしていて「本当にそれでいいの?」と思う。私はもうこの職場にいてもさほど成長…

税金

無遠慮に音や臭いを垂れ流す奴から税金を徴収して、垂れ流されて苦しんでいる民にそのお金を配分するシステムが早く構築されてほしい。タバコ税などとせこいことは言わないで煙税とかで、煙を関知する機械を人々の体に埋め込んで、煙を排出した奴は税金を引…

靴擦れ

朝から靴擦れがひどくて参っている。昨日の雨でぐちょぐちょになった普段使いの革靴は諦めて新品の靴を履いてきた。歩き始めはちょっと固いなという印象しか持たなかったが、歩くにつれて左足小指のあたりが靴と擦れる度にチクチクと痛みだして、会社につく…

フランケンシュタインの恋 7話 感想

bigpopmonster.hatenadiary.jp 失速してしまったなあ。まあこうなるだろうなっていう展開にいざなって出演者がそれらの状況に沿って予想した通りの台詞を吐き出していくうちに少しずつこのドラマに対する興味を失っていく。観始めた頃のワクワク感や研さんに…

イメージが溢れ出す

どうでもいいことをたくさん積み上げていたら途方もなく遠く空しい所に着いていた。戻る術がわからなくて、ただ寂しさを噛み締めるようにぎゅっと目を閉じているとあのときにああしていたらという架空の選択肢に殺されそうになった。長い間深呼吸をしていな…

夢20170603

大学生の頃に一番熱を入れて働いていたところをふと見かける。私が働いて3年目ぐらいのときに入ってきた新入社員の女の子がせっせせっせと働いていて、まだ続けていたんだとほっとした。そこの職場はとにかく体力的に負荷がかかるところで、新入社員ので3年…

想像と違う未来でも楽しむだけ

bigpopmonster.hatenadiary.jp ピロウズを聴き始めたのは、CSチャンネルでたまたま録画していた「Wake up! Tour」のライブが妙に頭から離れなくて、彼らの「Wake up! Wake up! Wake up」を聴いて「あっかっこいい」と思った出来事からだ。それからはベストと…

まだ寝たくないのに明日が迫ってくる

今日の夜はすっごくナイーヴな気分で、あんまり楽しく過ごせなかった。仕事のことが気にかかってしまい、てんで自分の脳は安らぎを覚えなかった。いい加減がいつか身を滅ぼす。逃げ切れると思うなよと頭のなかで何度もこだまする。したくないしたくないやり…

短歌の目2017年5月

短歌の目5月のお題です - はてな題詠「短歌の目」 初めて詠んでみます。 1. 青葉 貧乏の頃にかじったたくさんの青葉の魂背負って生きる 2. くつ(靴、屈、窟など他の読みかたも可) あの頃に履いたくつの大きさが私の甘さを表している 3. カーネーション 出…