眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

雑談

良好な人間関係

私の代の事務系社員は仲が悪かった。癖が強すぎる人間が多くて、いつも誰かが誰かと衝突していた。性にだらしないやつがいれば、頭の良さを鼻にかけるやつもいたり、宇宙人みたいなやつもいたりした。私は一人だけ気を許せる同期がいて、それ以外は殆ど喋っ…

夏っぽいこと何一つしていないのに夏が終わる

今日は9月10日。暦の上ではとっくに秋である。日が落ちるのが最近では急に早くなってしまい、18時を過ぎると急に暗くなる。昼間はまだ蒸し暑さで夏を感じるけれど、夕方から急に冷え込んできて、半袖だと心許ない。今年の夏はいつから始まったのだろう。コロ…

嫌いになってしまった人を好きになることは出来ない

私が以前、経理に所属していたときの苦手な先輩(Aさん)の話である。決算の時だったか、急にAさんに呼び出されて会議室に二人っきりになった。「お前、自分がしたことがどれだけ周りに迷惑を与えるのか、少しでも考えたのか」と凄い剣幕で捲し立てられ、な…

夏が過ぎていく

なにもしないまま2020年の夏が過ぎていく。今年の夏は今のところなにもしていなくいて、あとで振り返ったときに「2020年の夏は虚無だった」としか思えないのだろうな。イベントごとはひとつもなくて、お盆は実家に帰らないで東京の家でじっとしていたし、記…

何もする気が起きませんでした

金土日、と私には許された時間がたくさん用意されていた。何をしてもよかったのに、私はその時間を勿体ない使い方で台無しにしてしまった。何もする気が起きなくて、ただ椅子に寝そべってぼおっとしていた気分だった。どれだけの時間が流れてもやる気が起き…

ちょっとしんどくなって、俯いている

疲れているのにお酒を飲んだ私が悪かったんです。ただでさえ仕事で自分の存在が無くて凹んでいるときにアルコールを体にぶちこんで、ずっとしゅんとしていました。本を読む体力がなくて、ネットの海をだらだらと浮かび続けて、あまり喜ばしくないものを摂取…

どうしようもなく、夏

どうしようもなくべろんべろんに酔っぱらって、自分の意識とかそういうものが吹き飛んでしまって、素の自分、何の打算もないような気持ちで物事に取り組みたい気分が急に強まっている。人と接することが極端に制限されて半年経つ、その間は一人で考える時間…

7月が終わる

あと数時間で7月が終わってしまう。必死に思い出したところで、何をしていたのかをうまく思い出せない。 結局梅雨は明けることはなく、私の心は殆どの時間、暗いまんまであった。外に自由に行き来出来なくなったので、家でのんびりしていたのだけれど、その…

悲しい酔っぱらい

2日続けてお酒を飲んだ。新しい環境になかなか慣れず、ストレスを発散したくなった。昨日飲んだときは愉快な気持ちがあったけれど、今日はちょっと悲しくなって、それが次第に大きくなっていき、今では悲嘆に暮れている。 普段から不器用な生き方をしてきた…

そろそろ本腰入れないとまずいんじゃないの?

先日のあれを見ていたら失笑を禁じえなかった。タイミングが遅すぎるし、要請のレベルで済ませてはいけないと思う。コロナウイルスと長期的にしっかりと取り組んでいかなければいけないのは、他国の状況を見ていて明らかではないか。だいぶまずい状況に来て…

書くことで安らぎを得る

小学生のときのように、自由帳に鉛筆でなにかしらを書きつけるわけではない。スマホもしくはノートパソコンというなんとも色気のない機械を使用して、日々の取り留めないことをただ書き留めているだけである。そんな些細な行動でも、ストレスを溜め込みがち…

スマホしか使えない不自由さ

この記事を書いているのもスマホである。東京に引っ越してきたからそろそろ1ヶ月が経とうとしているのに、まだネット回線が開通する目処が立っていない。この間の土曜日にNuro光の宅内工事を行うため、業者が来てあれこれと調べていた。その結果、最低でもビ…

ネタ不足

そろそろ書くことがなくなってきた。もし私の人生というものが刺激的なもので満ち溢れていたら、日々書くことに困らないだろう。もしくは特徴的な考察を得意とする人間であれば、日々の考察を書くことでブログは十分に潤うだろう。しかしながら、私は東京で…

祈りにも似たなにか

東京での一人暮らしがようやくしっくりきている今日この頃である。つい最近まで、日々、おっかなびっくりな時間が多く、どうにも落ち着きというものがなかった。実家での安らぎを十分に満喫した後の一人、というものはなかなかに厳しい。昔、恋人と同棲をし…

創作について

物心ついたころから本を読むことは比較的好きなほうで、内向的な性格も相俟って人並みに本を読んでいた。それから社会人になるまで小説、随筆、その他諸々の本を貪るように読んできた。社会人になって心に余裕がなくなったとき、自分のなかで文章を映像にす…

喫茶店のマナー

そこそこいい喫茶店に行けばそういう人間に出会う機会はぐんと減るんですけれど。コーヒーを300円で提供しているようなチェーン店にはマナーの悪い人間が多い。 特に苦手なのは「大声で話すカップルあるいは集団」で、昼ごはんを食べ終えた14時あたりに出没…

188日目「有安杏果のライブに当選したけれど、まだ実感が湧かなくて」

家で使っている無線マウスのホイール部分のボタンが利かなくなった。といっても、ネットで開いているページを閉じるときにこのボタンを使うぐらいだから、そこまで困っているわけではない。けれど、無意識のうちにこのボタンを使っていて、「そういえば利か…