眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

読書

2020年8月26日(水)

「何気ないフレーズでも 何気ないアイテムでも懲りずに蘇っちゃうから もう少しこのまま 漂っていたいのです」 昨日は椅子の上で意図的に寝落ちした。布団でがっつりと寝るのではなく、椅子の上でうとうとしている時間がこの上なく幸せだったので、それに甘…

2020年8月23日(日)

「あなたの涙を空まで飛ばして、私は飛行機雲」 今日に期待などしていなかった。金曜土曜と惨憺たる日々を送ってきて、鬱なんだろうなという現状把握も済んだので、今日は特に何も起こることなく、しれっと過ぎていくのだろうと思っていた。だから別に早起き…

2020年8月18日(火)

「片思いをしてるようないないような曖昧なバランスで浮かんでる 良いじゃん そんな感じ」 昨日も眠れなかった。25時まで起きて、そこからすっと寝てしまおうと思っていた。気付いたら気になったことをネットで調べていて、それでちょっと神経が昂ってしまっ…

2020年8月16日(日)

「ああ それでもまだちっぽけな夢を見てるくだらなくて 蹴っ飛ばしていいけど、君に言ってるんだ。」 お盆休み9日目 ずっと何か重いものが伸しかかっているような気がした。あまり居心地のよいものではなかったけれど、眠れるだけ寝てやった。そしたら起きた…

2020年8月12日(水)

「祭囃子のその後で 昂ったままの人 泣き出してしまう人多分同じだろう でも言葉にしようものなら稚拙が極まれり」 お盆休み5日目 その日の日記はその日のうちに書くようにはしているのだけれど、この日は無理だった。体調が底抜けに悪かった。お腹に残存し…

2020年8月11日(火)

「あざといよ もう完全調子バクバクですあざといよ ここからこっち側は俺のものアンドゥトロワならイッツオーライ」 お盆休み4日目 昨日はなかなか寝付くことが出来なかったから不本意ではあるが夜更かしをしてしまった、だから今日は遅くまで寝ているものだ…

何もする気が起きませんでした

金土日、と私には許された時間がたくさん用意されていた。何をしてもよかったのに、私はその時間を勿体ない使い方で台無しにしてしまった。何もする気が起きなくて、ただ椅子に寝そべってぼおっとしていた気分だった。どれだけの時間が流れてもやる気が起き…

2020年8月6日(木)

「誰にでもわかる 単純な答えで誰を泣かした? 君を泣かした?そんなことは正直どうでもいいんだ」 昨日は幸せな読書体験をしたので、今日も良い日になるだろうと勝手に推測した。睡眠時間はしっかり取っていたのに質のせいだろうか、ギリギリまで眠って、そ…

2020年8月5日(水)

「夜が揺れている僕の手の中で夏の花火と君が嫌いだよ一人ぼっちじゃ空に昇る思いだ」 今日も昨日の焼き増しのような一日。昨日と今日のまちがいさがしをしろ、と言われたら「えっ、どこも同じじゃないか」とうんざりしてしまうだろう。それくらいに昨日との…

読みたいと思っている本に関する本(随時追記)

萩野正昭「これからの本の話をしよう」 これからの本の話をしよう 作者:正昭, 萩野 発売日: 2019/02/01 メディア: 単行本 稲泉連「「本をつくる」という仕事」 「本をつくる」という仕事 (単行本) 作者:連, 稲泉 発売日: 2017/01/25 メディア: 単行本 駒井稔…

読みたいと思っている外国文学(随時追記)

アルベール・コーエン「おお、あなた方人間、兄弟たちよ」 おお、あなた方人間、兄弟たちよ 作者:アルベール・コーエン 発売日: 2020/06/20 メディア: 単行本 パオロ・コニェッティ「どこか、安心できる場所で」 どこか、安心できる場所で:新しいイタリアの…

2020年7月27日(月)

「すぐこんがらがって悩んで 幸せなはずがもやついてまたゼロに戻った気がして迷路ですけれどふとしたことで一瞬で ほころぶそんな風に そんな風に きっとできそうだね」 熟睡は叶わなかった。5時に起きて、すぐに寝られずにうだうだして。寝たと思ったら6時…

2020年7月19日(日)

「運命を知ってしまう僕らの想いは はじける満月を欠けさせたため息 朝を待つ」 久しぶりに晴れ、それも快晴である。10時頃までうだうだと眠っていた私は外が晴れていることに気付くと、すぐさま洗濯機を回し、溜まりに溜まっていた1週間分の洗濯物を干した…

2020年7月13日(月)

「謎の救世主です 仮面はまだ取れないけど今の世界を少しだけ楽しくできるよ、存外に」 月曜日は憂鬱。土日に目いっぱい遊んで、その余韻をまだ引き摺っていて、好きでもない仕事をしなければいけないから。最近の私は休日に目いっぱい遊んでやろうという気…

2020年7月11日(土)

「立ち止まって吸て吐いて 君を見つけたから小さな目に目を合わすよ 見上げる君の正面からミルクティーと飲み込んだ例えばおはようとか伝えることから始まれるような気がしてさ」 午前中は淀んだ天気で、雨がちょこちょこ降っていたので午後からの動きはどう…

2020年7月9日(木)

「このストーリー描けるのはただ一人だ 中途半端な心構えは要らない」 寝てたのが起きた。今日は在宅勤務で、簿記の勉強等していたら夜になった。お昼にご飯をたくさん食べたのがまずかった。パスタ一人前でやめておけばよかったのに、(あれ、まだお腹が空…

2020年7月8日(水)

「あの夏に置き去りにした想いは どこへ続く?」 ずっと風が強い一日だった。まるで台風が上陸しているかのように、縦横無尽に風が暴れまわっていた、雨は降ったり止んだりを繰り返していて、どうにも落ち着きがなかった。 朝、異様に眠くて参った。昨日、仕…

2020年7月5日(日)

「想い続けて想い続けてさ ここまで来たんだよまた今度 なんて言葉もあるはず無い 無い 無い から焦る」 7時に起きる。起きてしまった。眠たくはないんだけれど、でもまだ寝足りないような気もする。でもこのまま二度寝してしまったら取り返しのつかないこと…

2020年7月3日(金)

「寝ても覚めてもおんなじ景色なら どうすりゃいいんだよ」 bigpopmonster.hatenadiary.jp 営業の仕事が辛くて、というよりある人間と接するのが辛くて辛くて嘆いていたのがちょうど2年前。実家に帰ってのんびりしていた。あれから2年という月日が流れ、この…

2020年6月24日(水)

「驕りたいなら勝手にすりゃいいけど結果ガタがくるぞ緩やかでも容赦無いフレーズで刺したら外野はゴミくず」 一日中、家に居た。今日は週に一度の在宅勤務であったからである。いつもよりも遅い時間に起きて、それなりのことをしていたらそれなりに時間が流…

2020年6月6日(土)

「歪んでいたのは昨日のせいだった」 ようやくやってきた土曜日。暇すぎる平日をなんとか乗り越えて迎える久しぶりに感じられる土曜日は多幸感に満ち溢れていた。今日という日を過ごすために、今まで生きてきたかのような、総決算であるような感覚に陥った。…

2020年4月25日(土)

昨日は寝落ちしていた。眠たいけれどまだ寝たくなくて、少しの間だけ目を瞑ろう、とすると大抵寝てしまっている。そんな風に寝てしまった時は最高に幸せである。電気代の無駄遣いであるけれど、苦労せずに眠りにつくことは非常に幸せなことである、と噛みし…

2020年4月23日(木)

緊急事態宣言が発令されてからの出勤11日目 今日は少し忙しい一日。コピーが大き目の仕事を振って来て、それをこなしつつ普段からの業務をこなしていたらあっという間に昼になって、あっという間に定時になってしまった。明日は在宅勤務なので今日中に終わら…

夜は続く

午前一時過ぎ。別に眠たくないわけではないけれど、ここで眠ってしまうのは勿体ないような気分でいる。明後日からのことを思うと不安で胸が押し潰されそうになる。また電車に乗って会社に行くのか。私は会社にとっては単なる駒であり、駒である以上は働き続…

2020年3月27日(金)

明日から自粛モードが始まるけれど、別に今日から始めてもらっても構わない。さっさと封鎖したほうが、被害がこれ以上広がらないのではないかな。 朝はぎりぎりまで眠る眠る。コロナのせいでメンタル面がどうも優れず、寝ても寝ても寝足りない。さすがにこれ…

遅延する日々

Wi-Fiが家に開通していないので、ネットの速度が遅くて困っている。実家にいた頃は、家にいるときは家のWi-Fiを利用して快適なネットライフを送っていた。しかし、家にWi-Fiが通っていない今、スマホのネット回線に頼らざるを得ない。しかし、月に2Gしか契約…

寝てばかりいた。そして東京に戻る。

あっという間にプチ帰省が終わった。終わってしまった。当初の目的は「クリープハイプと米津玄師のライブ」であったが、コロナウイルスの影響で「歯医者と病院」にすり替わっていた。歯医者で想像以上の時間を費やしてしまったため、病院は行けずじまいだっ…

403日目「身の丈を知れ」

<今日の労働> 久しぶりに外に出た。先輩から託されている数少ないお客様との用事が発生したおかげである。わざわざ客先へ赴くことはなかったけれど、室内に飽き飽きしていた私はすぐに社内を出た。1週間ぶりに吸う娑婆の空気はなんとも甘美な味がして、今…

402日目「ぐっちゃぐちゃの頭の中を」

bigpopmonster.hatenadiary.jp くだらないことを書いてしまった。くだらないことを書かなければいけないほど、私はどうにかなってしまっていたのだ。 一度陥ってしまった穴からなかなか抜け出せずにいる。そこから抜け出す方法は知っているし、手段も道具も…

395日目「不安は一生続く」

全国、いや全世界で異常なことが起きているというのに、今日もいつも通りに出社して、暇な時間を持て余すということが奇妙に感じられる。今のこの生活というものには刺激がない。それは人とあまり関わろうとしない私の性格が起因していることもあるのだろう…