眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

窪美澄

やめるときも、すこやかなるときも 感想文

タイトルがずるい。このタイトルだけでもう満足してしまって、本編の方はもう途中からどうでもよくなった。男視点と女視点を交互に挟んで、二人がどのようにして近づいていき離れ、そして......みたいなおりこうさんな筋書きにそった優等生のような作品でし…