眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

短歌

短歌の目2017年8月

2回目です。 短歌の目8月のお題です - はてな題詠「短歌の目」 八月の題詠 五首 【流】 満員の電車流れに身を任せどんぶら地獄に送られるのさ 【囃】 休みの日仕事で疲れ寝転んだ囃し立てるこどもの粋よ 【フラット】 君の顔がフラットになり幾星霜もはや言…

短歌の目2017年5月

短歌の目5月のお題です - はてな題詠「短歌の目」 初めて詠んでみます。 1. 青葉 貧乏の頃にかじったたくさんの青葉の魂背負って生きる 2. くつ(靴、屈、窟など他の読みかたも可) あの頃に履いたくつの大きさが私の甘さを表している 3. カーネーション 出…