眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

町田康

くねくね

長い。ひたすらに長い。途中で放り投げ出してしまおうと何度思ったことか。町田康の特大長編「宿屋めぐり」をようやっと読み終えて、もう懲り懲りだと思いながらKindleを閉じた。「告白」はすんごく面白かった。まあ途中中弛みするところもあったけれど、ほ…

うまくまとまらなくていい

始終翻弄されて、気づいたらあらよっと終わっている始末。これはなんなんだと考えるのも愚考、ただそのままに受けとればいいのではないかと思うが消化不良になりそうなのでそれは遠慮しておきたいところでありまする。狂喜じみている。ただひたすらに。読む…