眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

生き方

純度100%の自分で生きたい

余計なものが多すぎる。私が人生を生きていく上で、邪魔なものが多すぎて混じりっけなし純度100%の自分と出会えない。会社で自分を圧し殺して生きると、それが癖になって一人になってもついつい自分が外に表出しないように無自覚に息を止めている。やりたい…

猫はいつも眠たそうなふりをする

どっぷりと小説の世界に潜ってずんずんと前へ前へ進んでいく。何気ないあの人の言動が今になってこんなことと繋がっていたんだと分かったときの興奮、ページを手繰るスピードは物語が進んでいくうちにどんどんと早くなっていく。早く、早くつづきが知りたい…

今さらの今さらの今さらの話

私には人間とのコミュニケーションが足りていなかった。圧倒的な対話の欠如により、人と意思疏通を図ることが大変重要になっている現在の状況に苦しめられている。孤立無援。自業自得。私が入社前、いや人間生活を始める前にするべきことは、たくさんの本を…

始まらなくてもいい

今のままでいることだって大変なことなのに、さらに上に行こうとするから疲れてしまう。上を目指して目指して、頑張って着いた所に何があるのか分からないし、そんなに苦労するなら別に今のままでいいんじゃない、何をそんなに焦っているの?と思ってしまう…

夢を見る夢を見た

物事を大切に扱おうと変に張り切ってしまうから、無駄に力が入ってうまくいかないことが多すぎる。もっといい加減に考えた方がちょうどいいようになると思うんだけど、少しでも気を抜けば誰かに責められるんじゃないかと不安になって、方向の間違った一所懸…

生きるのが下手である

小学生にあがる頃ぐらいに「あれ、生きるのって難しくね?」とハードモードに突入しました。その頃から自分の言いたいことをうまく言えなくなってきて、言って変な空気になるぐらいであったら何も言わないでおこうとする癖がついて。言葉を発することを極端…

世界を肯定する

自分に焦点を当てすぎているからこんなにも苦しくなり、うまくいかないのか。 他人というのがあまりにも軽視され過ぎていて、自分がまず満足してから他人についても考えようとしているせいで人とうまくいっていないような気がする。 この間のカウンセリング…

王道なんか目指さなくていい

考えることを放棄して目の前にあるものだけを見て、周りの反応を窺いながらへいこら頭を下げてばかりいたら自分というものが消失して、かたちは自分だけど中身は空っぽがらんどうのつまらない人間になってしまう。今自分がどのような状況に置かれているのか…

どーでもいい

今自分の周りにあるものが百年後には殆どこの世界から消失していることを思えば、目の前のくそったれな状況にいちいちメンタルをやられそうになることを回避する手助けになる。 どうせ全ては消えてなくなってしまうんだから、自分を苦しめている(と自分で考…

変わらない

一日が早く流れる。やりたいことはたくさんあるのに、つまらないことに時間を取られてしまい、気付いたら一日が終わっていることが最近多くなった。仕事による心身の摩耗が今年に入ってからひどくなって、会社から帰ってきても頭がなかなか切り替えられずに…

立ち止まる

思いとどまってふらふらしながらでもなんとか立っている状態で、ふとした拍子に終わらせたくなる気持ちが込み上げてきてすごく辛くなる。今自分の姿を客観的に見たらひどい表情をしているんだろう、心がこんなにも荒れ果てているのだから。きっかけはちっぽ…

深呼吸して

緊張しいな性格なので、配属されて半年以上もたつっていうのに周りと全然打ち解けられないでうちひしがれる日々がずーっと続いていて。昔っから物事に慣れるのが遅い、基本怯えた姿勢で向き合うから打ち解けるまでにすごい時間がかかって。大学時代の部活だ…

なんにもないけどさ、

会社へと向かう電車の中で「あっこれはだめだ」とこれまで生きてきたなかでたぶん一位ぐらいの消えてしまいたい感が襲ってきて、それはなんでかというと仕事を完璧に覚えていないのにそれを人の前で披露するというイベントが待ち構えていて、相手はその仕事…

一人って楽しい

今一人きりの部屋でこの文章を書いているんですけど、一人って本当に落ち着きます。他人に対して気配りをするのがへたっぴな人間なので、自分以外の人間がいると隙あらば(なにかしらやらかしていないだろうか、自分)思考のスイッチが入ってしまい、自分を操…

考えろ考えろ

今日の朝はあるブロガーの人が呟いた言葉が刺さって、物事をきちんとよく考えるということを考えていた。その言葉を噛み締めているうちに、今までの自分は外部の出来事にただ反応していただけだったんだと思い知らされた。次から次へと本を読み、その本がど…