眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

本屋

2020年7月23日(木)

「きっとどの未来選んでもすれ違ってたから君が何を奏でても大差ない、ねえそうだろう?だけど だけど いつかの映画みたいにこの瞬間だけは意味がありあまるくらいだと思うから」 3連休の1日目。今日は前々から食べたいと思っていた「ビリヤニ」と呼ばれてい…

2020年7月19日(日)

「運命を知ってしまう僕らの想いは はじける満月を欠けさせたため息 朝を待つ」 久しぶりに晴れ、それも快晴である。10時頃までうだうだと眠っていた私は外が晴れていることに気付くと、すぐさま洗濯機を回し、溜まりに溜まっていた1週間分の洗濯物を干した…

2020年7月18日(土)

「ワールドワイドのテンションでガタガタ騒ぐ」 今日も雨である。ずっと雨でちょっとどうにかなりそうである。休日なのに朝早くに起きてしまうのが最近の傾向で、今日も朝7時に起きてしまった。PCの整理をもそもそとして、そのあとにバラエティ番組を観たり…

2020年7月4日(土)

「大さじと小さじの間の気持ちいいところをついていく」 9時過ぎまで眠る。むくっと起き上がり、昨日の夜に起きた気持ち悪い出来事が遠い昔のように感じられる。あれは夢だと信じたい。朝ご飯にフルグラを食べながら、「かりそめ天国」を見てささくれだった…

歯がただただ痛いと何もやる気が起こらなくなり、生きている意味が分からなくなる

朝は無意味に早起きして、眠かった。昨日彼女が泊まりにきて、一人分のベッドで無理やり二人寝たもんだから、さっぱり寝た気がしなかった。 彼女が10時前に出勤して、家に居続けるのは滅入ってくるので、前々から気になっていた洋菓子のお店に行った。赤坂見…