眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

日常

一人は繰り返される

気付くと寝てて、起きたら起きた。体が疲れていた。午後9時過ぎ。3時間ほど寝てた。寝てもまだ寝足りなくて、心が弱っていた。 たくさんの刺激物を絶え間なく摂取することで、どうしようもなく寂しい気持ちに蓋をしていたようだ。今何もしていない、ただ布団…

こういう時だからこそ、楽しく生きるのだ

今日の大半、コロナという悪魔に飲み込まれていた。昨日の都知事の会見で一気に不安が募った。正直、コロナのことを甘く見ていた節がある。罹ったら罹ったでしょうがない、そのときはそのときだ。しかし、世界の状況、そして日本の状況を事細かに観察してい…

遅くないか?

不要不急の外出要請のためではないけれど、家でじっとしている。暖房をつける気がないので、布団にくるまっているが、それにしても寒い。先週あたりからぐんと暖かくなり、外出時は薄い格好で挑戦していたが、昨日今日と冬がぶり返してきて、ぶるぶるが止ま…

2020年3月2日(月)

朝6時50分、起床。いつも通り、可もなく不可もない睡眠状態を保持しながら、白米にふりかけをかけた簡易的な朝ごはんを食べる。味噌汁もサラダもない、至って質素な朝ごはん。朝のニュースを見ながらご飯を食べていると、「東京に戻ってきたんだな」としみじ…

2020年3月1日(日)

明日から仕事が始まるんだ、という諦念とともに起床。朝早くから映画館で映画を観る用事を作ってしまったため、多少の眠気を抱えながら朝ごはんを掻き込む。家を出ると、空はどこまでも続いていそうなほどに青が眩しかった。 久しぶり、でもない池袋。HUMAX…

遅延する日々

Wi-Fiが家に開通していないので、ネットの速度が遅くて困っている。実家にいた頃は、家にいるときは家のWi-Fiを利用して快適なネットライフを送っていた。しかし、家にWi-Fiが通っていない今、スマホのネット回線に頼らざるを得ない。しかし、月に2Gしか契約…

時が訪れるのを待つ

ちょっともう、どうしようもないほどに調子が悪い。東京に来てからというもの、安穏とした時間を過ごせていない。コロナウイルスで世間がざわざわしているのも調子が悪い一因かもしれない。でももっと奥深くのほう、根幹の大事なぶぶんがどうにもやられてい…

あっという間に時間が過ぎる。何も成長しない自分

気づいたら23時になっている。それまで何をしていたのか、思い出そうとしても解像度の低い記憶が薄ぼんやりと頭の中に残っているだけで、何していたのかはっきりと思い出せない。まだ本調子ではないということ、にしておく。東京に舞い戻ってきてまだ2週間も…

あまり元気がない

生きてて楽しみに思えることがぱっと思いつかない。東京に来てからそろそろ1週間が経とうとしているが、なんともまあ平穏な日常である。視界の端っこにはコロナウイルス関連で喧しいけれど、心が疲弊してしまうので無視することにした。私は影響力の強いもの…

もどかしい日々

財務課に配属されてからまともな仕事をしていない。というか一つの雑務を延々としている。「とりあえずリハビリということで」と振られた仕事はただただ眠くなるような単純作業で、こんなことをしてて何のリハビリになるのだろうかと疑問に思う時間が長い。…

やっぱりライブに行きたい

最後にライブに行ってからまだ1週間も経っていないけれど、次のライブはいつになるのかが確定していなくて苛々している。こういう時は我慢しなければならない事ぐらい知っている。でも、でも私はライブに行きたいのだ。ライブでしか味わえないあの高揚感を味…

もうどっちゃでもええよ

嫌いたいなら嫌えばいいよ。もうなんなんだろうね、陰口を聞こえるように言うんだったらさ、もうぶっちゃけ真正面から言ってもいいんじゃね。こそこそやってるの、すっごくブスだから。言いたいことがあるんだったらさ、何か伝えたいという意思がお前の中に…

体調を崩していた

現在進行形で体調があまりよろしくない。たぶん年始早々からフル稼働していて、休む暇がなかったからだ。仕事ではそこまで負荷のかからない業務に対して必要以上に神経を使っていた。私は無駄に怯えている。それのせいでもともと少ない体力ゲージが根こそぎ…

楽になりたいから前を向いているの

明日なんてこなくていいのにな

私の心を支えているもの(2019年9月24日現在)

なんて大それたタイトルをつけたものの、考えてもぱっと思い浮かばなかった。音楽でに関していえば、中学生の頃はBUMP OF CHICKEN、高校生の頃はピロウズ、大学生の頃はUNISON SQUARE GARDENに救われてきた。はて、社会人になってから「この音楽に救われてき…

朝が来て、夜が来てまた朝が来る

携帯で明日の朝のアラームをセットしているとき、あと少しで一日が終わるということを実感する。アラームは決まって「6時30分」「6時35分」「6時40分」の三つを設定するが、大抵は一番早いアラームよりも早く起きる。けれど、最後のアラームが鳴ってもまだ眠…

223日目「お風呂が壊れた」

家に帰ったらお風呂が壊れていることを知らされた。正確にはお湯が出なくなった。お湯が出ない兆候はだいぶ前からあったのだが、それを見て見ぬ振りをしてきた結果が今日である。近所の銭湯に行くという案もあったが、久しぶりに3時間も残業をしてしまった私…

2018年2月12日(月)

○Netflixで「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を観始める。「anone」に比べたら、どうしても凡庸な感想しか思い浮かばない。そこまで引き込まれなかった。私が恋愛ものに対してあんまり興味が持てないからだろう。でも、これから面白くなりそう…

どうでもいいことを繰り返して明日

生きている間に「これだ、これがしたかったんだ」と高揚感を感じられる瞬間なんて一生のほんの一握りの、「あれ、今なんか横切った?」と思ってしまうほどに一瞬にして消え去ってしまうほどに脆く短い。あとはただただ惰性のような日常が待っている。退屈を…

ひとりきりがうるさい

いつだって他人事のように振る舞いたいのに、気付くと巻き込まれていることがあって困る。自分から首を突っ込んでくだらないことをかき回すつもりはないから、そういうものが近くまで押し寄せてきたらとにかく知らない振りをする。前の人間があーだこーだと…

着せ替え自由の心

こころここにあらず。 いつまでたってもここにしかいられないなら、諦めるか奮起して逃げ出すしかないだろ。 そうやって0か1しかない考え方しか出来ない私は視野が狭い人間です。 周りのこと全然見えずに、知らず知らずのうちに他人を傷付けている。 そんな…

騙し騙しで生きていくことにつかれた

ネガティヴを纏った空気が蔓延しているなかで長い間過ごしていると、溌剌とした気持ちが死んでしまい、どうやったら明るく振る舞えるのかが分からなくなる。 どうせみんなも同じなんだろなんて思っていても、他人は他人だし、そんなことばかり考えていてもち…

なんでもできそうなきがする

昨日はどん底で光の差す真上の方向を見る余裕もなくうだうだと悩んでいた。しょうもないことで悩むことほどしょうもない時間はないって通常営業に戻った今なら冷静に考えられるけど、どん底のときはそんな余裕がない。視野が狭くなって、ちょっとしたミスで…

ぽつんと一人、本を読みたいだけなのに

今日は各地で好きなバンドがライブをやっていて、ももクロのももかちゃんがソロアルバムを出したというのに、私はこんな遅くに家に帰って疲れた体を布団に寝転ばせることでいっぱいいっぱいだ。こんなのが常な状態になったらいつか体がぶっ壊れる。普段は暇…

ほんのすこしの勇気で世界を変えられる

Amazonのプライム会員だと一部の本が読み放題になるというサービスが先日始まって、カタログをちらちらと眺めていたがあまり読みたいと思えるものがなかった。こんなにも面白くなさそうな本を書き上げた人はどんな顔をしながら文章を作って、それを編集者に…

なんにもないさ

誰が僕を創り 生かしているのか誰が僕を創り 殺していくのかそんなことよりもさ そんなことよりさ妄想の話をしようよ 例えばほら、 嗚呼雨みたいに隕石が降って来て 地球がなくなったなら良いのにね雨みたいに隕石が降って来て 地球がなくなったならハッピー…