眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

外食

2020年8月27日(木)

「話題の知った風な ラブソングなんかで何十億分の1なんて 当たるわけないのに」 昨日も一昨日と同じように椅子に座りながら寝落ちしていた。これが最近の私のスタイルである。今回は午前2時に起きたので、一昨日よりかは多少の進歩が見られた。ロフトに上が…

2020年8月8日(土)

「彼の存在理由は ロックンロールだったそうだ自分が自分でいられるための 誰も邪魔できない息吹」 お盆休み1日目 ちゃんとした予定も立てずに始まってしまった2020年のお盆休み。帰省もしないし、ライブに行く予定もないし、旅行も行かないんだったらこんな…

2020年8月1日(土)

「リプレイ、まだ平気かい? 止まれはしないんだよ無我夢中に理由は毛頭無い」 休日の朝がやってくることに、これほどまでに嬉しくなったのはいつぶりだろうか。営業で日々、精神を擦り減らしていたときは毎週毎週、土日が愛おしかった。仕事の事を考えなくて…

2020年7月26日(日)

「やっぱ離れられそうにもない なんか忘れそうで忘れらんない端から端までそう あなたの血が僕に流れてるんだ」 世間では4連休の最終日。しかし私は出社しなければいけなかった。何故日曜日に出社しなければいけないのかについての記述は避けるが、「休日に…

2020年7月25日(土)

「偶然の可能性とか もしや嫌われてしまうだとか無駄が過ぎる想像も目の前で鳴る旋律で無理やり解をつける」 3連休の最終日。明日は日曜日なのに仕事に行かなければ行けない不思議、コロナの新規感染者数が300人を超えたというのに明日から在宅勤務が消滅し…

2020年7月23日(木)

「きっとどの未来選んでもすれ違ってたから君が何を奏でても大差ない、ねえそうだろう?だけど だけど いつかの映画みたいにこの瞬間だけは意味がありあまるくらいだと思うから」 3連休の1日目。今日は前々から食べたいと思っていた「ビリヤニ」と呼ばれてい…

2020年7月19日(日)

「運命を知ってしまう僕らの想いは はじける満月を欠けさせたため息 朝を待つ」 久しぶりに晴れ、それも快晴である。10時頃までうだうだと眠っていた私は外が晴れていることに気付くと、すぐさま洗濯機を回し、溜まりに溜まっていた1週間分の洗濯物を干した…

2020年7月18日(土)

「ワールドワイドのテンションでガタガタ騒ぐ」 今日も雨である。ずっと雨でちょっとどうにかなりそうである。休日なのに朝早くに起きてしまうのが最近の傾向で、今日も朝7時に起きてしまった。PCの整理をもそもそとして、そのあとにバラエティ番組を観たり…

2020年7月11日(土)

「立ち止まって吸て吐いて 君を見つけたから小さな目に目を合わすよ 見上げる君の正面からミルクティーと飲み込んだ例えばおはようとか伝えることから始まれるような気がしてさ」 午前中は淀んだ天気で、雨がちょこちょこ降っていたので午後からの動きはどう…

2020年7月7日(火)

「本当は答えなら 昔から知ってるよどれほどのさ ヒントを貰っても 結局、自分次第」 今日は雨が降りそうで雨が降らなかった一日だった。しかし、湿気がすごく、それとともに蒸し暑さも尋常じゃなく、マスクをしながら外を歩いていると軽い眩暈を起こした。…

2020年7月5日(日)

「想い続けて想い続けてさ ここまで来たんだよまた今度 なんて言葉もあるはず無い 無い 無い から焦る」 7時に起きる。起きてしまった。眠たくはないんだけれど、でもまだ寝足りないような気もする。でもこのまま二度寝してしまったら取り返しのつかないこと…

2020年7月4日(土)

「大さじと小さじの間の気持ちいいところをついていく」 9時過ぎまで眠る。むくっと起き上がり、昨日の夜に起きた気持ち悪い出来事が遠い昔のように感じられる。あれは夢だと信じたい。朝ご飯にフルグラを食べながら、「かりそめ天国」を見てささくれだった…