眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

仕事

86日目「明日から三連休♪仕事の事なんて当分忘れちゃおっ」

三連休のせいか、一週間があっという間に終わった。平日がさくっと終わってしまうのは嬉しいのだけれど、なにもしなかった、成長できなかったことを考え始めると自分の将来が不安になって暗い気持ちになる。勤め始めてからもう四年半だ。すぐに前線に立たさ…

85日目「意味のないことを死ぬまで繰り返そう」

今年の中でもトップクラスを狙えるであろう眠気に襲われた。昨日の夜、寝る直前までBird Bear Hare and Fishのアルバムを聴いていた。聴き終わったら部屋の電気を消そうと思って布団のうえに横たわっていたら朝が来てしまった。まあまあの睡眠時間を確保でき…

84日目「暇って素晴らしい」

朝からちょこちょこ仕事を任された。大した仕事ではなかったのにそれに対する知識を持ち合わせていないばっかりに無駄に時間を費やして、くたくたになってもう嫌になった。はあ、暇だった頃が懐かしくもあり、そして幸せでもあったことを遠い昔のように感じ…

会社の飲み会なんてなくなってしまえばいい!!

ほんともうねえ、会社の飲み会なんてなくなってくれないか、やりたい人だけでやってくれないかって、入社してずーーっと思っているのは、未だに会社に馴染めていない孤独な人間の愚痴としか思われないんでしょうね。学生みたいなノリで一気を強要したり、く…

83日目「パソコンの前で何をするでもなく放置されていると、 まるでここで年老いていくのを待っているみたい」

結論から申し上げると、今日も私はほぼ放置をされて、 成長することはほぼ無かった。 あまりに虚無な時間にどっぷりと浸かっていると、 考え方は虚しい方向に傾いてしまい、 しょうもないことを大袈裟に考え込んでしまい苦しくなった。 でも、 少し助かった…

81日目「話していることが理解できない。それと先輩との飲み」

昨日は、ええっと、何をしていたんだっけ?退社後の飲みで生ビールをジョッキで三杯も飲んでしまったせいで、家に帰り着いたときは頭ががんがんしてて、布団に寝転がってへんてこりんなポーズを決めながらふにゃふやしてた。せっかくこつこつと毎日更新して…

80日目「自分で自分を追い込んでしまう苦しい」

昨日の夜はドラマやアニメを見ることなく、小説を読むことをさぼった。簿記の勉強だってしていない。ただ脱力の極みにいた。仕事で何もしていなのに、何もしていないからこそ体の変なぶぶんが疲れちゃって、がむしゃらにプールで泳いだらへとへとになって、…

79日目「たくさん考えても結論は出ない。動いて後悔してもそれが私が選んだ選択なら、進むしかないよ」

9/10(月) ほぼ一日中、上司に任された事務作業をしていた。期待していたものとは違い、勝手に落胆していた、ここに来て事務作業て......。でも何もやることがないよりかはましなので、集中してその作業に没頭していたら一日が終わってしまった。なんとか仕事…

78日目「空元気出せるならもう元気になった証」

9/7(金) 「青春ブタ野郎」を昨日の夜に一気に読んだ。ラノベを読むのは久しぶりで、清涼飲料水をぐいっと飲むかのごとく文章を読めることは非常に快感で、これが癖で高校生の頃によく読んでいたんだなと思い出した。あの頃はラノベばかり読んでいた時期があ…

自分の限界を知らせてくれるアラームがあればいいのにね

人見知りで内気な私は自分勝手に我慢して辛くなる。子供のころはそれが特にひどくて、しんどくて「明日目覚めたら活発な人間に生まれ変わってないかな」と寝る前に祈っていた。大学生になってもあまり変わらず、部活以外の人と接する機会が殆どなかった。 結…

77日目「あほが」

もう知らん。

76日目「「FooL on CooL generation」は長年ピロウズのファンであった人へのご褒美」

11月に実施される日商簿記検定2級を受けることにした。「経理職に就きたい」と言っててもただ駄々をこねているだけなので、実際に行動してみないとだめなんじゃないか。なので休憩が一段落したら久しぶりにテキストを開いてみるつもり。おそらく一年は開いて…

75日目「韓国ドラマブーム再来か?そしてApple Musicが私の音楽生活を変える音が聞こえた」

公務員試験の事を調べていた。既に試験の申し込みの締切は終わっていて、次に受けれそうなのは来年になってしまいそうだ。時期を間違えた。早めに手を打っておけばよかった。今更悩んでもしょうがないので、 ①来年の試験で一発合格するために今から必死で勉…

74日目「ガダ・ダ・ヴィダ」

台風でこんな荒れた日に、神楽坂でラーメンを呑気にすすっているなんて。麺が秋葉原の「麺屋武一」に似てた。ぺろりとスープまで全部平らげてしまった。たいへんおいしゅうございました。電車が各所でとまっているのに、わざわざ飯田橋から歩いて神楽坂に来…

73日目「あたそナイトに救われた」

眠気の波がとどまるところを知らない。先輩方は社内にいる、なのに仕事を振ってこない。私はひたすら新規営業の客先を調べていて、単調な作業なのですぐに眠気がやってくる。何度もミンティアを口に突っ込んでもごもごして、一瞬は覚醒した気分になるけど、…

72日目②「初めての新規営業」

新規営業で先輩についていったことは何回かあるんですが、自分ひとりだけで行ったのは初めてでした。まず、どこに行くのかを事前に調べました。東京に本社がある、大規模な工場を関東圏に持っている、上場しているという観点から洗い出し、今日は三つの会社…

71日目「変えなくちゃ」

ここにいることで自分を緩やかに殺していることに気付いていない振りをするにはもう体力が持たないよ。仕事をしている振りをするのに疲れちゃった。どうしてこんな状況になってしまったんだろうね。もうちょっと早く対処できなかったのかな。こんなになるま…

70日目「人はなかなか変わらないぞ」

昨日の夜はあんなに興奮して「明日は自分を変えるぞ!」と奮起していたのに、いざ朝になってみるとあの時のテンションはすっかり萎んでしまっていて、がくがくと震える自分がいた。「いやいやいやいや、昨日考えたことをやるなんて、そんなの無理に決まって…

69日目「人生が変わる音が確かに聴こえた」

仕事の事を考えて鬱々と過ごした一週間。もう仕事なんて辞めたい、辞めてやろうと思っていた。何で辞めたかったのか幾つか理由があるけど、一番は放置されていて本当にしんどかったから。待っていても先輩から仕事を振ってくれないので、「何かお手伝いでき…

68日目「雷鳴が轟いた。私はただ立ち尽くしていた」

一人の昼御飯は気楽だ。行きたいところに行けるし、何もしゃべることなく黙々と自分のペースで御飯を食べられるから。 特に後者の方には未だに悩まされていた、会話に入っていけないこ とで「自分は何もしゃべらない、変なやつだと思われてはいないか 」とや…

67日「自分の世界を変えられるのは自分しかいない。でもその手助けを周りの人から得られると、世界を変えるスピードはぐんと増す」

盆が明けて、とりあえず無事に一週間が終わりましたお疲れさまでした。 いろんなことがあったようで、思い返してみると薄っい一週間だった。また現在の仕事について考えさせられた。今の仕事は自分に合っているのか、今の会社で違う職種に変えてもらうことは…

66日「この胸の高鳴りを一生忘れることはないでしょう」

今週の始まりから仕事中、緊張しっぱなしでしんどかった。今もまだしんどいけど、少し治まった。復職したてのときはヨーロッパ旅行の興奮冷めやらぬ状態だったから、無敵状態というか、感覚がマヒしていて緊張はしなかった。ただ、放置されて暇だな、やるこ…

65日「挫けそう」

「こんな状況でそのまま一年が過ぎたらヤバいと思わんか?」 上司の言葉に、見ないようにしてきた自分の未熟さと対峙させられて、めげそうになった。8月に復職して、平穏な日々を送っていた。それじゃだめだったんだよ。自分から学ぼうとする姿勢、分からな…

64日目「iPhoneをはじめた」

先ほどiPhoneが届きました!ついにアップルデビューを飾りました!!といっても、iPodは結構前から使っており、記憶している限りでは現在生産が終了している「iPod Classic」を高校生の時に買って、容量ぎりぎりまで音楽をぶち込んで楽しんでいました。あと…

63日目「ボーナスタイムは終わった。夏も終わったならばいいね」

なんとまあ平穏な時間が流れていることで、仕事をする気が全く起きなかった。もちろん、夏休み前と同じように仕事を振られることはなく、ある人はいつもと同じように自分の感情を隠すことはなく、ある人はふいに仕事を振ってきたかと思うといなくなってしま…

62日目「盆休みがはじまった」

ちと残業して(やることないけど帰りづらいときってありますよね。一人で仕事したい)、本屋で昨日情報を入手したふろむださんの『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を購入。ほくほくして家に帰り、本を読んでいるとものすごい…

61日目「あと一日」

人が急に怖くなった。 何も疑問を抱くことなく群衆に紛れて生きてきた。でも、隣に存在している人間が何を考えているのかどこまでいっても分からない、という事実に気づいてぞっとして怯えを感じた。にこにこしているあの人は誰かを殺したくて殺したくてしょ…

60日目「明日の風」

仕事は今日は研修で、だからいつも零すような愚痴はないのだが、ないのだけど、「実は今の職場は恵まれてるんじゃねえか?人を確信的に徹底的に追い込むようなパワハラくそ野郎がいないから。よくよく考えたら、みんないい人じゃないっすか」なんて、すこし…

59日目「もう帰っていいですか?」

会社に行かなくてもいいじゃないか。始業の一時間前に会社に着いて、のんびりとネットでニュースを観てた時間が今日一で有意義な時間でしたね。仕事が始まってから、「えっ、あの、私何もすることがないんですけど。どうしたらいいんですか、何か手伝えるこ…

58日目「寝れないじゃないかよう」

寝れなかった。これ、たぶん時差ボケのせいだ。自分では「よし、日本の時間にようやく戻ったぞ」という感触はあったが、身体のほうはまだヨーロッパの事が恋しいせいだろうか、あっちの時間に合わせてくる。25時になっても、26時になっても眠気は来ず、諦め…