眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

仕事

121日目「颯爽と駆け抜けていく一日と残業の無意味さ」

23時に会社を出て、家の最寄り駅まで会社の人と一緒だった。今日、ひとりでぼんやりできた時間は1時間も満たないだろう。今日、一体何をしていたっけ。何のために、会社に残っていたんだっけ。一日が終わってしまうギリギリにようやくブログを書けるという異…

「お前、お世話係ね」

上司から無造作に解き放たれたその一言が、今日一で私を社会の奥底の、くらーいところへ落とし込んだ。教育係ではない、お世話係。新しきものに何かを教えるのではなく、新しきものがスムーズに研修を進められるよう、道を整備しておく係。 「それはあのお世…

120日目「仕事の飲み会のたびに、自分の心の大切な何かを削り取られている」

今日は会社で飲み会があった。飲み会なんて10年に1回ぐらいでちょうどいい。そんなに飲みたいのであれば、仲良しこよしで楽しく飲めばいい。わざわざ上司のために遣いたくもない気配りをして、愛想笑いで後で泣いて、何が楽しいんだろうか。 上司がまだ理解…

119日目「そして今日も明け暮れる」

今日は仕事なんてしなくてよかったのに、先輩にせっつかれたからそこそこやった。これは仕事ではない。作業である。頭を使わなくてもできるものはただの作業に過ぎない。下手に自分の色を出そうとすると「そういうことではないんだよなあ」と削られてしまう…

118日目「腹が立ちすぎて、意味が分からない」

仕事が終わって帰りたいのに、先輩が帰ってこないから帰れない。先輩曰く「帰る前に先輩に手伝える仕事がないかどうか訊くことは新人の立派な仕事だぞ(えっへん)」だそうです。いつになったら帰って来るんですか。既に1時間も経ちました。まさに無駄。こう…

117日目「突き抜けろ」

「俺の前でぶつぶつ喋るんじゃねえ!!」 先輩Aが電話で客先と話していたときに、先輩Bが吼えた。 仕事中に私語でべらべらべらべら喋っている、 あの先輩Bが吼えた。私はただ、「 やっぱりそういう人間なんだよな。 自分で自分のマイナスポイントを盛大に…

116日目「純粋さは隠すだけ損だろう?」

仕事はぼちぼち。頼まれる仕事は急だし、相変わらず説明不足で、推測しながら仕事をしている点では探偵をやっている気分になる。なんだ、このいいかげんな仕事の振り方は。100まで説明してほしいとまでは言わない。せめて、30ぐらいは教えてくれないか。先輩…

115日目「風邪は治ったっぽい。歯は痛いまま」

ネクタイが首を絞めてくる。毎回この季節になると、久方ぶりにネクタイを締めることになるのだが、解放感に満ちていた首回りにネクタイは異物である。締め加減が分からないから、ついぎゅっと締めてしまい、誰かに首を絞められていような気分になって、何処…

仕事において、合わない人

話しかけやすくてしょうもない人に聞いて問題が解決しないより、自分に圧力がかかるとしても問題解決のために話しかけにくい人にエイヤッと頼みにいくほうが断然近道なのだ。話が通じる人と仕事をしたほうが早い、何事も。 紅茶 - 未明にかけて 引用させてい…

2018年11月3日10時5分現在の状況

爆音でBIGMAMAの新作を垂れ流している。初聴ながら、するすると歌詞が頭に入ってくる。これ、すごくいいアルバムじゃないか。これから聴きこんでいく予感がする。ライブに行きたい、ひさしぶりにBIGMAMAを観たいと思って公式HPを見てみたら、12月25日(火)に…

114日目「我慢ばかりじゃ辛いでしょ」

しょうもないことで悩んだ。そんなに悩まなくてもいいのに、ライブが目の前で繰り広げられていたのに、ぐずぐず悩んでしまった。たぶん、今までたくさん我慢していたのが溢れだしてしまったのだ。だって、職場で全然感情を出さないで、自分の意見が否定され…

113日目「もう一ヶ月。あと二ヶ月」

歯が滲みてしんどい。この場合の「しみる」という漢字がどれなのか分からなかった。たくさんの候補が出てきて、唖然とした。話が逸れた。 熱いものを食べても冷たいものを食べても、右上下奥歯を中心的に、全体的に滲みるのだ。しんどすぎて、今口の中にくっ…

112日目「10月31日の渋谷には絶対に近づいてはいけない」

冗談抜きに、今日の夜の渋谷は異国の街でした。それも、国家権力が力を失い、金をたらふくもった人間が支配するような地獄絵図。 今日は渋谷でライブがあったんです。すごくすごく行きたくて、でも残業したらいけないから、とチケットは買わないでいたんです…

111日目「自分と世界の境界線が曖昧になってしまうな」

毎日毎日毎日毎日同じような一日を、飽きもしないでよく続けられるよ。いや、とっくの昔に生きることに飽きていて、でも飽きることすら忘れるぐらいに感覚が麻痺してしまっている可能性もある。といったようなことを結構前にも考えていたような......。 やる…

110日目「風邪がようやく終焉を迎えそうです」

前から押し寄せてくるは雑務の山。それを一つ一つ退治して定時が来る。今日も全然前へ進めない。このまままっすぐ帰るのは癪なので、駅前の本屋に寄る。ネットで確認済の本を実際に触ってみることで、どのような本であるのかを肌触りで感じる。電子書籍は便…

109日目「風邪たちぬ」

今日は20時まで残業をしてしまったから、頭はぼーっとしたまま帰った。ただでさえ風邪のせいでぼーっとした頭だ、何をしでかすか分からなくて怖かった。なんとか無事に家にたどり着けたのは、明日からもまた風邪で苦しめよ、ということなのか。私はこれから…

108日目「風邪の事しか考えられない」

風邪なのに飲んできた。先輩に飲みに行こうと誘われたら、新人の私には断る選択なぞ存在しない。2時間弱、先輩のありがた~い話を傾聴していた。お酒を勧められ、気張って飲んだ生ビールは異国の味がした。 咳をするたびに一日歳を取っていく。今日は500回ほ…

107日目「ここで立ち止まるわけにはいかない」

風邪ひいて体力を奪われると、何もする気が起きなくなる。いつもはびーびーうるさい食欲だって鳴りを潜めて、食事時になっても一向に不平を漏らさない。それでも何かしら腹に詰めておかないとめんどうなことになるので、コンビニでおにぎり3つを買って、それ…

106日目「星野源がアルバムを出すし、ももクロがDVDを出した。それだけで、私は仕事のストレスを帳消しにしてみせる」

星野源、3年ぶりニューアルバム『POP VIRUS』発売。2月からは5大ドームツアー開催 (2018/10/23) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) やっと出しますよ。現代日本のポップアイコンになろうとしている源さんの新しいアル…

105日目「咳をしてもひとり」

朦朧とした状態で今文章を書いているんです。なんで無理してまで文章を書いているのかよくわかりませんが、今日感じた痛みをそのままなかったことにするのが嫌だったのではないかと推測しています。昨日、午前1時まで夜更かしをした馬鹿は私です。睡眠不足な…

104日目「少し暇。それが懐かしくもあり、疎ましくもある」

ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013「5TH DIMENSION」を観た。序盤は私の大好きなアルバム「5TH DIMENSION」を全曲、曲順通りパフォーマンスしていて、ライブでなかなか観れない曲は「こんな振り付けだったんだ」と、終始熱中して眺めていた。とにかく画面…

103日目「救いようがない馬鹿だな」

風邪を引いた。先週、喉がムズムズしていたのでえんえんとのど飴をなめてあげたら落ち着いたので油断をしていた。寝るときの格好が半袖長ズボンに軽く上を羽織るスタイルで、少々寒さを感じながら「これ以上着ても汗をかくからな」と言い訳をしていた。仕事…

102日目「在るべき姿」

今日の飲み会は楽しかった。ぱっと見た感じ怖そうな人だと思っていた人が喋る喋る喋る。仕事上における不平不満(主に上司に対する)を面白可笑しく話してくれたおかげで、わたしは「へー、そうなんですか」と楽な相槌を打っておくだけでよかった。今日の飲み…

101日目「無駄な残業を集めて」

自分の伝えたいことを上手く伝えることが出来ず、「お前、一年生?」という冷酷無慈悲な言葉を浴びせかけられた。その人は私が立っている地点なんか知る由もないだろうし、そんなことを慮れるほどに器が大きいものでもなかったのだろう。ただ、自分の思った…

100日目「楽していきたい」

大学入試センター試験まであと100日を切ったそうです。今日は、私が営業に配属されて、勤務日数が100日目の日です。 昨日の恋人との会話で、「出版社に転職したい」という気持ちが強くなっていろいろ調べてみたんですけれど、出版社の営業は今後必要なくなっ…

99日目「あと少しで100日」

四時間もの長丁場の飲み会を終え、待っているのは土日どフリーという幸せな休日。今を楽しみことに全力を注ぎます。仕事にも少しずつ慣れてきて、平日も充実した日々を過ごしております。少しずつ、人生が上向いていてすごく落ち着いた気持ちでおります。

98日目「だからあれほど残業をするなって言っておいたのに」

3時間半も残業をしてしまった。今日は定時で帰るつもりで仕事をしていたのに、定時が過ぎてから先輩に今までしたことのない仕事を振られた。まずその仕事の意図を理解するのに時間がかかった。それから過去の資料で使いそうなところを抽出するのにもそこそこ…

97日目「仕事に殺されないために」

少しずつ仕事を任されるようになってきて、びびっている。先輩方は懇切丁寧に教えてくださるのだが、「 一回の説明で覚えなければいけない」「100%のものを出さなくちゃいけない」という強迫観念で、心がきゅーっと締め付けられてしまう。とりあえず頼まれた…

96日目「夢はいつだって届きそうで届かないところにある」

3連休明けの初っ端から3時間もの残業をしてしまったせいで体がくたくただ。日曜日に25時半まで起きていて、昨日だって柴又まで足を延ばしていたので、3連休は休みなのに休む暇がなかった。家族が実家に帰って、久しぶりにパソコンを開いて文章を書いている。…

95日目「まじないわ」

銀座で家族とお寿司を食べてうきうきしてたのに、中央線!総武線!もうこれ以上私を苦しめるのはやめてくれないか早く帰りたい疲れちゃったんだよな