眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

仕事

2020年10月8日(木)

「偶然の可能性とか もしや嫌われてしまうだとか無駄が過ぎる想像も目の前で鳴る旋律で無理やり解をつける」 暇な時間がずっとずっと向こうまで広がっていて、そんなつまらない道をとぼとぼと歩いている私はどれほど惨めな姿であっただろうか。私が所属して…

2020年10月7日(水)

「もしも君が孤独の中に居て泣き声も聞いてもらえないなら思い切り泣けばいい 立ち上がる頃に強くなる」 昨日までは歯ごたえのある忙しさに見舞われて、「これが会社人生だ。働くものが真に輝いているのだ」とか思うはずもなく、早く忙しさに愛想を尽かされ…

2020年10月6日(火)

「音のない空間で遊ぶ ノイズ剥ぎ取って軽くなる派手にやれる段取りはもうじき済むからさっさと構えろ」 先週で忙しさは落ち着いたと思っていたが、忙しさの余韻が火曜日まで波及していて、ちょっと疲れることになる一日だった。寝不足により一日中眠たいと…

2020年10月5日(月)

「キャパシティ超える キャパシティ超える寝ても覚めてもおんなじ景色なら どうすりゃいいんだよキャパシティ超える ねぇマスターお願い全部が全部忘れちゃうくらいのおかわりちょうだい」 昨日寝たのが遅かったので、朝はとことん眠くて、何度もアラームを…

2020年10月2日(金)

「微動だに 微動だにしない? 指くわえて素知らぬ顔のままその異常さに異常さに 今 目を逸らしちゃ いけないかも」 昨日はちょっとばかしの夜更かしをしてしまったというのに、目覚めがそこそこよかったのは「夜遊び天国」のお陰だと思う。最高の夜だったし…

2020年10月1日(木)

「「泣いてる、また泣いてるよ」って知らん顔しやがって置いていかれた心象風景も飛んでいけ時代の彼方」 一日中ずっと忙しさに溢れていて、これはチャンスなのではないかと確信する場面があった。今年の3月、今の部署に配属されて、散々な扱いを受けてきた…

2020年9月30日(水)

「モノクロでは説明できない完全無欠のロックンロールを」 今日が始まった。我慢できないほどの寒さではないが、そろそろジャケットを羽織った方がいいのではないかと思っている。エアコンをつけないでも生活を送れるようになったのは非常に嬉しいが、寒くな…

2020年9月29日(火)

「本当は弱さは強くて 涙こそ道しるべその目を離さないで さあ 次はどこへ、どこへ行こう?」 ユニゾンの8枚目のアルバムのフラゲ日である。そんな日に会社に行くなんて、正気の沙汰ではなかった。忙しい時期にぶつからなければ有給休暇を取るつもりであった…

2020年9月28日(月)

「憧れが生み出した活性の残像ガリレオの魂は壊れた」 腐敗した休日を過ごしてしまったせいで、週の始まりはあまり元気がなかった。眠たい体を無理やり起こして、あとは自動的に動いていく体に身を預けるだけ、という奇妙な表現がしっくりくるほどに勝手に体…

2020年9月25日(金)

「当然悪いこともいやと言う程見てるがなんだかんだ言って俺馴染んじゃってるんじゃん」 忙しく感じられる場面が多々あったけれど、本当の所は暇で、それを意識しないで時間が流れていったのは果たして幸せだったのだろうか。睡眠で満足感を得られなかったせ…

2020年9月24日(木)

「メッセンジャーフロム全世界の声が力になる急に偉そうになりやがって それはどういうシステムなんですか?」 朝は目覚めがちょっとだけよろしくなかった。昨日の夜の興奮が私の疲労に繋がっていた。出来ることならお昼ごろまで、このうとうとした感じで、…

2020年9月23日(水)

「明日晴れるのはため息のせいなんかじゃなくてもっと単純めいたシンフォニー変わる信号に騙されてるようじゃ君だってまだまだ」 久しぶりに仕事に行く。それはちょっとした行事のような、前日から少しだけわくわくするような、そんな気分だった。昨日の夜が…

2020年9月17日(木)

「銃声が響いた街頭 後悔は至って少々ぬるま湯浸かって風邪っぴきですとか 笑えないので」 寝落ちから目覚めた午前3時、猛烈な眠気に耐えながら歯磨きをこなし、必死の思いでロフトに上がって布団に潜り込む。一瞬で朝が来て、でも寝落ちしたせいで睡眠の質…

2020年9月16日(水)

「突き刺さる君の温もりが 嘘つかず僕の心臓を打つ君がいない世界ではきっと 明日も明後日も泣いているよ」 ほぼ一日中、書類整理をしていた。そんなことがまかり通るほどに今日は暇であったし、そんなことをしていても誰も咎めないということは、そういうこ…

2020年9月15日(火)

「自意識を間違えたやつが自爆しそうだよな順序よく栄光は巡ってくるかも」 ふっと目を覚ますと6時30分。非常にいい目覚めである。昨日の頭痛が悪夢のように、今日は頗る調子がいい。体が昨日比で150%ほど軽い気がする、それはきっと本当なんだろうな。それ…

2020年9月14日(月)

「ああ 今世界に一人だとしたら 溢れ出すリズムは君のもの」 朝起きた時に感じただるさは時間を追うごとに頭痛に変わっていき、昼頃には耐えがたい痛みに変わっていた。疲労が蓄積され過ぎたときに発露してしまう苦しみに悶えながら、早く家に帰りたい寝てし…

2020年9月11日(金)

「まだ幼い君の心に合わせようとしゃがみかけてさちょっと かかと 浮かすよ すぐ大きくなるだろうから」 何度寝落ちすれば私は学習するのか。昨日も椅子の上で寝落ちして、深夜に草臥れた体で起き上がり、ずるずると這い上がって布団の上で寝たら一瞬で朝が…

2020年9月10日(木)

「ああ上手に準備されたユートピアに浸って帰り道につけば悲しいは微塵すら無いのだけど 無いのだけど依然体制異常なしだなんて わがままが芽生えたんだ」 今日もまずまず暇だったな。朝、ギリギリまで睡眠を取り、さっさと準備をして家を出る。climbgrowの…

2020年9月9日(水)

「こぼれるハチミツや 路地裏遊ぶ猫や君が握るその何でもなさそうな想いも全部 輝くから教会通りを走っていこう 絶対に離さないで」 寝落ちしていた昨日のせいで、目覚ましに気付かなかった。ふっと目を覚まして周りがやけに静かなことに恐怖を感じ、そっと…

2020年9月8日(火)

「まだ僕が知らない誰かが待ってる ハローなんて新世界だ ため息は遠く鳴った ハロー」 疲れた。月初のばたばたは終わったはずなのに、中途半端なことがいくつもぶら下がったせいで、深呼吸をする暇もなくなっていた。「書類がない」と上から言われ、せっせ…

2020年9月7日(月)

「変えていくよ秒針も短針も完全に同化してどうかしてるんだよ、簡単なフライトに」 あっという間に一日が過ぎていったのは良いことなのか悪いことなのか。今日はあまり良い気分にならなかった。とある仕事で、仕事が発生した時に迅速にAさんに依頼をした。…

2020年9月4日(金)

「ああ全部全部意味わかんない君のその哲学がわかんないこの地球はちょっと広すぎて」 仕事の話をしても面白くないので、そもそも今日は仕事という仕事をしていなかったので別に話したいことは特にないので、本棚の話をしてみる。東京に引っ越してから本棚を…

2020年9月3日(木)

「くだらない?それなら笑ってよいやじゃない?ならばついて来てよ揺るがない、それだけはどうにも揺るがないんだよ」 今日も一日、やることが常にある状態で、それを綿々と繋げていくことに精を出していた。体感的には、東京へ来てから3カ月くらいかなと思…

2020年9月2日(水)

「歯がゆい右手 巻き戻した時計 もう正しくないくだらなくてもいいから 話をしよう できるだけ太陽が沈むまで」 気持ちよく仕事をしたい、周りと摩擦を起こすことなく仕事をしたいと思っている。でもそれは自分一人だけで実現するものではなくて、周りも同じ…

2020年9月1日(火)

「誰のせいでもなくて 僕のせいでもなくて降り続く雪だけが答えを知って夜の息遣いも 朝の足音も聞こえないから 少し眠らせて」 寝たいけれどまだ寝るのには早いと思う心と、寝たいのならばもう寝てしまってもいいのではないかと思う心が鬩ぎ合っている火曜…

2020年8月31日(月)

「何百回繰り返した後でもう一回始まっていく泣いてるの?笑ってるの?ってもうたくさんだよ」 なんかぐちゃっとしている一日だった。月末はいつも忙しいのだけれど、欠番がいたのでその人の代わりも働かなければならなかった。ただ我武者羅にひとつのことをし…

2020年8月28日(金)

「目の前がただ幻だとして空気に手を伸ばすなんてピエロ既に君は遠くなる一方で疑問、質問、ないのです ならもう、幕を引いても?」 「〇〇をしてはいけない」と言われて、「何故〇〇をしてはだめなのか」と訊いたときに「上司がそう言っていたから」とだけし…

2020年8月27日(木)

「話題の知った風な ラブソングなんかで何十億分の1なんて 当たるわけないのに」 昨日も一昨日と同じように椅子に座りながら寝落ちしていた。これが最近の私のスタイルである。今回は午前2時に起きたので、一昨日よりかは多少の進歩が見られた。ロフトに上が…

嫌いになってしまった人を好きになることは出来ない

私が以前、経理に所属していたときの苦手な先輩(Aさん)の話である。決算の時だったか、急にAさんに呼び出されて会議室に二人っきりになった。「お前、自分がしたことがどれだけ周りに迷惑を与えるのか、少しでも考えたのか」と凄い剣幕で捲し立てられ、な…

2020年8月26日(水)

「何気ないフレーズでも 何気ないアイテムでも懲りずに蘇っちゃうから もう少しこのまま 漂っていたいのです」 昨日は椅子の上で意図的に寝落ちした。布団でがっつりと寝るのではなく、椅子の上でうとうとしている時間がこの上なく幸せだったので、それに甘…