眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2017-04-23から1日間の記事一覧

休日はDNA狂詩曲→黒い週末→DECORATIONをエンドレスリピートしていたい

日曜日の終わりの終わりの時間になると、無性に寂しくなって布団にくるまってしまう、明日なんて来なければいいのに、このままこの時間が続けばいいのにって思う。楽しい時間をさっきまで過ごしていたら尚更その気持ちが強くなって寂しいというより悲しくな…

列はその規律性を崩さず、目的地へと真っ直ぐに進んでいく

人一人が生きる時間なんてちっぽけなもので、その間に人が変わったみたいに成長するだなんて嘘っぽいなと思っていて、少年が青年に成長する話を読んだりすると白けた気持ちになる。人は根本的なぶぶんでは変わらないし、そんなにコロコロと変わってしまった…

ねむい

とあるビルのとある喫茶店でヨーロッパの若者の音楽を聴きながらうとうとと眠っていた。昨日今日と積極的に動いたお陰で体は見事にも疲弊してしまったようで、先程まで意識を失いかけてました。昨日は江ノ島へ、今日は悪い芝居の「罠々」を観に池袋へ、充実…