眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

どっかで元気にうまくやっているだろう

小中高の友達だった人とはもう会うことはなくなってしまった。元々自分から積極的に人と接する性分ではないので、学校を卒業してどちらかから会おうとしなければ自然消滅してしまう関係性のなかで私は自然と今の状況を選んだ。彼らが現在何をしているのかは知らない。でもどこかで元気に今日も生きているんじゃないかと思うだけで少し元気が出てくる。私にとっては過去の人間との関係はそれくらいがちょうどいい気がするのだ。どこかで元気にやっているだろう、私もそれでは楽しく元気にやっていかなくちゃなって思える。それぐらいで、ちょうどいいのだ。いつの日か再会したときにお互いを尊敬しあえるような、そんな人間になっていたい。

 

******

 

辛い顔をしてないと頑張ってないと思われる日本社会は、息苦しい。仕事をエンジョイしているうちはまだまだ序の口と思われて、次々に新しい仕事が降ってくる。仕事は大変で、なによりも優先しなければいけないという共通認識があるから、面倒なことに関わりたくないときや単純に興味の無い出来事に巻き込まれそうになったとき、「仕事がいそがしいから」と言い訳すれば、言われた相手は文句が言えない雰囲気が漂っている。実際に死ぬほどいそがしいならいいが、好きな、やりたいことは何を差し置いてでもやるくせに、やりたくないことに直面すると「仕事が」と言い出す人は、私は嫌い。やりたくないのは人の気持ちだからしょうがないけど、仕事が、と“社会に必要とされている“自分をアピールしながら相手に文句を言わせない言い訳が聞き苦しいと思う。だから私はどれだけいそがしくても、できるだけ涼しい顔をしていたい。必要とされる喜びと利用される悲しみが混ざり合う「仕事」に、魂まで食われてしまいたくない。

 

私をくいとめて

私をくいとめて

 

 最近の彼女の作品は若き頃の灰汁が抜けてしまったというか、そこが彼女の良さだったのにと思うぶぶんが抜けてしまっていて拍子抜けだ。もっと人間のどろっとした汚いぶぶんを全面に押し出して読者に「気持ち悪っ」と思わせるぐらいに人間の内面を描いてほしい。そんなに澄ました感じでこっちを見てきてもなにも感じないんだよ。また初期の頃のあの感じをお願いします、どうか。

始まったけれどぬめっとしている

室内でぬめっと弁当を食べていたら小学生時代の給食の時間を思い出した。あの頃の記憶は過去というフィルターを通して綺麗になっているから、結構やなことがあったと思うんですけど今振り返ったらいいことたくさんあったなあ、なんて。そんなことを思いながら、給食の時間は班で固まって否応なしに食べさせられるので、男女好き嫌い関係なく入り乱れて食べてて、思春期になると女の子と席を少しあけてあんまりしゃべらないとかね。そんなことをそういえぱやってて。好きな女の子が隣になったときは緊張で無口になって、その子に「どうしたの?」なんて聞かれたら嬉しくて余計無口になってしまうんですよ。他にも男子生徒と馬鹿してたら食器を飛ばしちゃって女の子にかけてしまってあちゃーみたいなこととか、みんな牛乳残すもんだから6瓶ほど飲んだら掃除の時間に気持ち悪くなってしまうとか。いまそんなどうでもいい記憶がだーーーとこぼれ落ちてきてしまって困ってます。

 

******

 

「誰かを認める、誰かを好きになる、誰かを嫌いになる、誰かと一緒にいて楽しい、誰かと一緒にいたら鬱陶しい、誰かと手を繋ぐ、誰かとハグをする、誰かとすれ違う。それが、生きる。自分たった一人じゃ、自分がいるって分からない。誰かを好きなのに誰かを嫌いな私、誰かと一緒にいて楽しいのに誰かと一緒にいて鬱陶しいと思う私、そういう人と私の関係が、他の人じゃない、私が生きてるってことだと思う。私の心があるのは、皆がいるから、私の体があるのは、皆が触ってくれるから。そうして形成された私は、今、生きてる。まだ、ここに生きてる。だから人が生きてることには意味があるんだよ。自分で選んで、君も私も、今ここで生きてるみたいに」

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

この作者の本はこれが初めてだったんですけど、これは中高生に受けるだろうな。いろいろと読み明かしてきた私にも一応は読めるけど、噛みごたえがない、次に何が起こって最後どうなりましたかみたいなのがなんとなーく分かっちゃう、それで読み進めていくとやっぱりというのが多くて。私は私を吃驚させてくれる、今まで思いもつかなかった所に連れていってくれるような本を読みたいのです。悪くはないんですけど、特に読む必要もないかな。

明日からまた始まる

明日からまた単調で平凡な日々が始まります。今日までの9日間の夢のような日々はあと数十分で終止符を打たれるのです。明日からの日々がまたいつもの日々になるのです。悔いはないか、これ以上なにかできなかったかと申せばできたと思うのですが、それでも北海道に行って海の幸を満喫したり、音楽のフェスに行って大声で歌って全力で踊って気持ちよかったこと、地道に本を読んだり映画にどっぷり浸かったり、なかなか有意義な黄金週間を送れたと思います。よっし、明日から頑張ろう。それにしても、最近の悩みは少しずつ肥えてきたわたくしの体です。今まではいていた下着一式がキツくなったので今日ワンサイズ大きいものを買いにいったんですけど、決意します。減量するぞーーー!

北海道旅行四日目「札幌」

今これを空港で書いています。三泊四日の旅行って結構長くとってしまったと思ったんですけど、いざ行ってみるとあっという間でした。なんというか、北海道ってこんなものなのかと拍子抜けしてしまいました。どこのお店のご飯を食べても吃驚するほどうまいんだろうな、海鮮物は新鮮で野菜はしっかりとしたものが多いんだろうなって。幻想でしたね、そしてどこに行っても同じだということが分かりました、おいしいものが食べたければある程度はお金を払わなければいけないのだ。それを分かっただけでもいい経験にはなったと思います。今回は札幌からバスで二時間半で行ける範囲内を旅したので、次回行く機会があれば函館とか稚内とか、北海道の南と北を攻めたいです。今日はなんとか朝の海鮮ブッフェになんとかありつけて、あり得ないぐらいのイクラと甘エビを堪能しました。食べ過ぎて気持ち悪くなって、一時間ぐらい動けなくなりました、調子にのり過ぎた。


f:id:bigpopmonsterpro:20170502154222j:image

 

それからは星野源の「いのちの車窓から」をのんびりと読んで、そして会社の人達と彼女のためにお土産を買って、18時に新千歳発の飛行機を待っている次第です。もっと毎日のように海鮮海鮮するものなのかなと思ってたんですけど、そんなことしたらこの先当分海鮮を食べられなくなるだろうからしなくて正解です。今回の旅行のベストなものはジンギスカンを食べたときに一緒に出てきた野菜でした。おめでとうございます。次回は野菜をたくさん食べられるような計画を立てようそうしよう。というわけで四日間お疲れさまでした。あと五日間の黄金週間も悔いの内容に過ごしたいと思います。では。

 

いのちの車窓から

いのちの車窓から

 

 

「ムーンライト」感想文

前々から気になっていた映画で、北海道旅行中に観てきました。

 

序盤:何が起こるんだろう(ワクワク

中盤:あっ、うん

終盤:あっ、うん

 

「えっ、これで終わりなの」

という終始何か起こるのかと勝手に期待を膨らませて大したことは何も起きないという映画でした。親子の関係、いじめ、LGBT、黒人問題とお腹いっぱいになるぐらいにテーマを詰め込んで、綺麗な映像でそれっぽく見せているだけというか、あとはあなたたちに任せるよ的なノリの映画なんですよ。僕は起伏が絶妙に激しい映画を好むタチなんで、こういったのーんびりとそれっぽく進んでいって終わりもあなたたちに任せるよみたいな映画はあまり好きじゃないな。カップルで観に行ったら終わったあとの感想言い合いごっこに困るやつだな。というわけでアカデミー賞に受賞しなければ観に行かないような映画でした。

 

 

ムーンライト

ムーンライト

 

 

北海道旅行三日目「登別」

寝坊したー。ということで海鮮ブッフェは明日のラストチャンスにかけることにして、今日は登別温泉に行くことにしました。まずは札幌から登別までバスで二時間、そこから登別温泉までバスで三十分かけてようやくつきました。くさっ。硫黄臭が鼻にツンと来る刺激にくらくらしながら歩いてお目当ての地獄谷に行きました。


f:id:bigpopmonsterpro:20170501142635j:image


f:id:bigpopmonsterpro:20170501142647j:image

雄大な眺めだっ!というよりも卵臭がきつくてきつくて、いまこれを書いているときも頭がぼんやりとしてます。ここに住んでいる人はこの臭いに慣れるのだろうか、慣れないと毎日気になって困るだろうな。そんなことを思いながらまたバスに揺られて札幌に向かいました。戻る前にこんなかわいいプリンを食べたんですが、すっごくおいしかったです。登別温泉に来たさいには是非。そして札幌に戻り、全然海鮮食べてないじゃん北海道に何しにに来たんだよ!ということでようやく北海道に来て初めての回転寿司へ。活一鮮という回転寿司が札幌にあったので行ったんですが、あ、微妙だと思ってしまって充分に楽しむことが出来ませんでした。どのネタも悪くはないんですけど、銀座のお寿司やさんで食べたネタと比べるといまいちという結果に。北海道のお寿司は回転寿司でも抜群にうまいというのは都市伝説だったんですね。そしてお口直しに雪印パーラーというお店でスノーロイヤルパフェを食べました。すごく濃厚なんだけどそこまで尾を引くような甘さではなく、上品な味わいでした。


f:id:bigpopmonsterpro:20170501234325j:image

 

最後の夜だし、このままホテルに帰って寝るのも勿体ないと思い、近くの映画館で最近気になっていた「ムーンライト」を観てきました。


f:id:bigpopmonsterpro:20170501234432j:image

 

詳しい感想は後日書きますが、ストーリー性を求めて観るとまったくもってつまんないので、そういうものを映画に求める人は観ない方がいいと思います、観終わったあとにぶーたれると思うので。そういう私も刺激を映画に求めるので、起伏が非常に乏しく芸術的で綺麗な映像を延々と流し込まれるこの映画は面白くありませんでした。ホテルに帰ってからは、ようやく文庫で出た「君の膵臓を食べたい」をベッドの上でごろごろしながら読んでました。うーん、面白いんだけど文体がポップすぎるかなあ、中学生の子が読んだらはまりそうな作家さんだなあ。ということで夜も更けてきたのでそろそろ寝ます。おやすみなさい。にしても、あっという間の三日間だったな。

 

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

 

北海道旅行番外編「お土産」

お土産というものが苦手だ。旅行に行ってきて「これこれこういうことがあったんだよ」という土産話なら楽しそうに聴こう、つまんなくても。でもそれがなくて「どうぞ食べてください」と差し出される土産物が苦手で、僕なんかそういう対応に慣れていないから「あっ、そうなんですか、あっありがとうごさいます」なんてよくわからない風を装うことでなんとかその場を乗り越えている。別にそういう文化があってもいいと思う、けど小心者なので「貰ったんだから、自分がどこか旅行に行った際には何か買わなくちゃ」という強迫観念に捕らわれて、できれば他人に自分の旅行事情を伝えたくないのだ。貰うものは貰っといて貧乏臭いなと思われるかもしれないが、本当にそういうやり取りが嫌なのだ。なんなら土産物を配る際に僕は除外してくれていい。こういう気の遣い方ができないからいつまでたっても人間関係にぶーぶーいって全然成長していないんだろうね。何を買っていこう。

北海道旅行二日目「旭川」

朝は眠くて眠くてぐずぐずしながら8時に起きて、ドーミーインのブッフェを食べに行ったんです。けどすごい混雑してて、「本日は外部からの人は受け付けておりません」というホテルスタッフの冷酷な一言で私の楽しみはぶち壊されました。ということでその足で札幌駅に向かい、バスで旭川へ。二時間半ほど乗っていたんですけど、寝てしまって全然記憶がないです。


f:id:bigpopmonsterpro:20170430123137j:image

 

そして着いてからAEONで腹ごしらえと食料を調達してから、バスで旭山動物園へ。三十分ほどで着きまして、おおここがあの有名は動物園なんだと感慨深くなりました。動物園といったら地元の東山動物園ぐらいしかまともに行ったことがなかったのでどんなもんなんだろうと思いましたが、こじんまりとはしているものの動物との距離が近くて興奮してしまいました。


f:id:bigpopmonsterpro:20170430185655j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20170430185715j:image

 

随所にこんなかわいいものが置いてあって、園内を歩いているだけでわくわくしてくる造りになっていました。テナガザルの親子のやりとりやペンギンの愛くるしい佇まい、梟の凛とした姿勢にやられました。ここが旭山動物園なんだと強く心に刻むと共に、もうここに来ることはないだろうなと寂しい思いをしながら後にしました。そっからまた旭川にもどっててきとーにぶらぶらして、そういやラーメンが有名だから食べとくかと軽いのりでネットで調べて「青葉」という店へ。残念ながらスープが終わりましたという悲しい通告を受けて、急遽「天金」というお店へ。正油らーめんを食べたんですか、う~んふつうだな。


f:id:bigpopmonsterpro:20170430214904j:image


旭川→札幌をバスで約二時間。くたくたになってすぐにホテルに戻って、体をほぐしながら明日こそは海鮮ブッフェを食べるぞと思いながら早めの眠りに着きます。おやすみなさい。

北海道旅行一日目「札幌・小樽」

いよいよ北海道に上陸ということで、本州を出たのが前回韓国旅行に行ったときなのでかれこれ3年前ほどになりますかね。特に本州が好きだからなかなか離れることができなかったというわけではなく、単に機会がなかっただけで、今回のように北海道とか沖縄、海外に行きたいってなったら何の躊躇いもなく出ます。ということはおいといて、北海道ほ物心が着く前に一回行っているそうなんですが、如何せんそのときの記憶がなんにもないので実質は今回が初めてなのですが、昨日から睡眠不足なこともあり、飛行機に乗ってそうそう意識を失って気付いたら北海道に着いてました。感慨も何もあったもんじゃないなと思いながら、まずは空港から札幌へ。だいたい一時間ぐらいなんですけど、ここでも例のごとく意識を失って、気付いたら札幌に着いてました。

思っていたよりも都会都会してなくて、名古屋の栄の道が広いバージョンみたいな造りになっていたのでとても親近感がわきました。それからは海鮮丼を食べようということで小樽に向かいました。そして市場のなかでも気になったところに入ってこんなものを食べてみました。


f:id:bigpopmonsterpro:20170429224533j:image

 

これで2,200円か......。突き抜けて「すんげえうめえ」みたいなこともなく、量もそこそこだったんで、まあ、そうなんですねと思いました。小樽は他に何があるんだろうとぶらぶらしてたんですけどなかなかこれだというものにめぐり会えずに海のある方向へ歩いてました。すると船があと少しで出るということなんで勢いで乗ってその辺をぐるっと回ってみました。約一時間半も乗っていたのでこれは酔って晩御飯が食べられなくなるやつだ!とか思ってたんですけどそんなに酔わなくて、その辺の器官は大人になったら強くなるものなのかしらね。他にはもう何もなかったので札幌に戻り、今回の旅行の一つ目の目的「ジンギスカンだるま」に行きました。が、土曜日のいい時間帯だからまあある程度は待たされるだろうと覚悟していったら、想像していた三倍くらい並んでいて、有名な店なんだなと思いながら支店の方へ。そちらで一時間ほど待ってから、初めてのジンギスカンを食しました。うまっ、こんなにも柔らかくて優しい味わいなんだと思いながらもぐもぐ食べていたんですが、お肉と一緒に載せてくれた野菜がおいしくて、お肉のおいしさが少しぶれるという結果になりました。


f:id:bigpopmonsterpro:20170429225255j:image

 

ということで観光らしきことは何一つしなかった一日目でした。明日は朝から回船のバイキング、そして旭川の方へ行ってみようと思います。それではまだ早い時間ですけど、おやすみなさい。

ようやくはじまる

明日から黄金週間が始まるわけで、今からもうわくわくしてしまって無駄にテンションが高いです。明日の今頃には海鮮丼を頬張っているんだろうなと思いながら、のんびりと4月28日を過ごしています。仕事が忙しくなりそうな気配が一向に見えず、これは会社に見捨てられてしまったんじゃないかと心配してしまう。ほんとうにやることがなくて、月に二日ぐらい少し忙しい日があるだけで、あとはただただ時間が過ぎるのを待っているだけで、それならもう仕事辞めちゃって他のところへ行けばいいんじゃないのか、もともとそんな気持ちを抱いて今年はやってきたじゃないかいとか思いながらも、ほくほくとした気持ちで午後を迎えます。あと少しだー。

一度目を閉じてしまったらもう二度と開けたくないようなこの世界で僕は今日も呼吸をする

男が道に倒れていた。その姿はあまりにも周りの風景に溶け込んでいるもので、街行く人々は彼に注意を払おうとしない。道の上に落ちている石ころのように、彼はただ動きもしないで倒れていた。でも彼の顔をよくみてみると目は少しだけ開いていて、口もゆっくりではあるが動いている。何かを伝えようとしているのであろうことはわかるが、これほどの些細な所作では内容を判別することは不可能である。段々と彼の動きが緩慢になっていき、夏の日差しが一段と強くなった頃に動きが止まってしまった。ゆっくりと目を閉じたその男は最後に何を思っていたのか、何か伝えたいことはあったのだろうか。考えても分からないことは考えなくてもいいことではない、突き詰めたいなら突き詰めればいいし、飽きたなら忘れてしまえばいい。いずれ彼がこの世にいたということを覚えている人間はいなくなってしまうだろう。それもまた潔くていいではないか。生きた証がどうせいずれはなくなってしまうのなら生きたってしょうがないと思うんだったら好きにしたらいい、でも生きてると「あっよかった」と思える瞬間に一つや二つ出会えるはずだ。それに遭遇するためにその他の時間は暇潰しだと思って生きるのもいいんじゃない。

「フランケンシュタインの恋」がべらぼうに面白くて一週間も待つのがもどかしい

つべこべ言わずにとりあえずは見てほしい。ベタなドラマであることはわかっている。そして制作者の意図に乗せられていることもわかっている。でもそれを差し引いたとしてもたくさんのおつりがやってくるほどに、「フランケンシュタインの恋」は面白かった。これからどういった展開になっていくかはさておき、1話のきれいな出来上がりと来たら、起承転結のきれいなお手本を見ているようでうっとりとしてしまった。二階堂ふみってこんなにもきらっきらな感じの演技ができるんだとか、綾野剛ってWikipediaで調べたらこんなにも年だったんだ、てっきり二十代後半だと思っていたよ!と話に関係のないところでも充分に盛り上がることができた。しかしだ。このドラマの肝はいかにして人間で在らざるものが人間世界に溶け込んでいくか、惚れてしまった女性に対する感情をどのように昇華していくのかの過程を楽しむものでもあるし、二階堂ふみのまっすぐな演技と綾野剛の不器用な怪物の演技がこれからどのように化けていくのかも楽しむもとだと私は思うのだが、いかがか。このまま楽しいドラマとして最後まで駆け抜けていってほしい。あとRADWIMPSの曲がドラマにはまりすぎていて、聴いてて辛いです、曲が出たときは自分に当てはめながら聴いていたので、尚更当時の思い出をぶり返して辛いです。以上です。

僕は人間じゃないんです ほんとにごめんなさい
そっくりにできてるもんで よく間違われるのです

僕も人間でいいんですか? ねぇ誰か答えてよ
見よう見まねで生きてる 僕を許してくれますか

僕は人間じゃないんです ほんとにごめんなさい
そっくりにできてるもんで
バッタもんのわりにですが
何度も諦めたつもりでも 人間でありたいのです

 

サイハテアイニ/洗脳(初回限定盤)

サイハテアイニ/洗脳(初回限定盤)

 

 

人生は〆切だらけ

仕事はのばせばいくらでものびる。しかし、それでは、死という締切りまでにでき上がる原稿はほとんどなくなってしまう。

p283

 

この本を読んでいて生きていることは〆切の連続だよなと痛感した。人生の〆切=死までにどれだけのことができるかを試されているようでそんなものは勝手に人間が作り出した妄想みたいなもので、〆切なんて概念は思い出さなければ無いに等しいものだ。仕事における諸々の〆切は必ず守らなくちゃいけないものだが、日常生活の〆切は曖昧なままでちょうどいいのだ、私にとって。毎週火曜日には可燃ごみを出して、毎日お皿を洗って、カゴが一杯になる前に洗濯しなくちゃとか、たくさんの〆切はあるけれどそれを守らなかったからって誰かに叱責されるわけではなく自分が少し不快な思いをするだけで、それを我慢できるように心を鈍くしていくことが緩く生きていく上で大切なことなんじゃないかと。同棲者がそこらへんにシビアな人だとちょっとめんどくせえやって思うけど、運良く私以上にいい加減なぶぶんがあるので助かっている。それにしても、この本を読んでいると幼稚な出任せをついて自分の管理能力の欠如を隠そうとしている作家の姿が散見してて、森博嗣を見習ってほしいものだと思った。けれど彼は別次元の人なので、到底真似することはできないのだろう。「〆切なんか怖くない」の最後に載っている森氏の痛快な批判をものともせずに、今日も出版業界は動いていくと思うと奇妙な世界だ。

 

〆切本

〆切本

 

 p229-p238

高田宏「喧嘩 雑誌編集者の立場」だけでもいいから読んでほしい

休日はDNA狂詩曲→黒い週末→DECORATIONをエンドレスリピートしていたい

日曜日の終わりの終わりの時間になると、無性に寂しくなって布団にくるまってしまう、明日なんて来なければいいのに、このままこの時間が続けばいいのにって思う。楽しい時間をさっきまで過ごしていたら尚更その気持ちが強くなって寂しいというより悲しくなる。AbemaTVでももクロChanの過去回やっていて、若いというよりも幼いなみんなと思いながら、この頃からファンでいたかったなと切なくなった。あの頃のももクロを僕は知らないから、当時の映像を見ると悔しくてなんでもっと前から彼女たちを知ろうとしなかったの?とついつい愚痴りたくなる。存在はしっていたけれど、あの頃の僕はロックばかり聴いててアイドルにまで気が回らなかったのだ。3年前からももクロのことを自分から積極的に知りたくなって、音源もしっかりと聴くようになって、つくづくかっこよくてかわいい最強のアイドルだよなあと惚れ惚れしてしまう。もっと前から知りたかったけど、それでも今の彼女たちを見ることができて、一回でもライブに行けたことを誇りに思う。夏のライブに行けるかな行きたいな行くぞと思っていたらちょっと元気が出てきたので、今のうちに寝ちゃいたいと思います。青春ツアーも是非とも行きたいです。

 

 

列はその規律性を崩さず、目的地へと真っ直ぐに進んでいく

人一人が生きる時間なんてちっぽけなもので、その間に人が変わったみたいに成長するだなんて嘘っぽいなと思っていて、少年が青年に成長する話を読んだりすると白けた気持ちになる。人は根本的なぶぶんでは変わらないし、そんなにコロコロと変わってしまったら同窓会なんてしてもつまらないだろう。久しぶりに会った相手が物凄く変わっているよりも昔と全然変わらねーというほうがほっとする。どうせ変わったとしても外見だろうし、内面が変わったと見えたとしてもどうせ表層的なぶぶんであって、根本から変わるなんて滅多にないだろう。私は小さい頃から臆病者で、今もそれは変わらないけれど昔よりかはそれを隠すことがうまくなって少しは人間社会に溶け込めるようになったようだ。努力なんてしないほうがいい、そんなことばかりしていたら相手に正当性を求めるつまんない人間になっちゃうから。今の社会はくだんねえから革命を起こそうとか言っている前にさあ、自分を変えることすらできないのに社会だなんてねえ...と一度冷静になって考えた見た方がいいんじゃないですか。

 

服従 (河出文庫 ウ 6-3)

服従 (河出文庫 ウ 6-3)