眠たげな猫の傍で

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

体中から生きる熱気が迸るような、そんな生き方ってどこに売っていますかね?

寄せ書きが嫌いだ。あの、やたらリーダーシップを取りたがる連中が「あの人にお世話になったから、門出にみんなで寄せ書きかこー」とか言ってたいしてお世話になってないのに感謝の意を書かされるのが苦痛でしょうがない。なんで誰かに強制されてあまり関わってこなかった人間にコメントを書かなくちゃいけないんだ、なんて羞恥プレイだよ。それに、最初に書かされるのがすごく嫌で、自分の後に書く連中が私のコメントを見て「こいつ全然気持こもってねえじゃんかよ」とか思うのだろう。なんて不毛な文化なのだ。感謝を伝えたい奴が好き勝手やればいいじゃないか。どうしてそこまで喋ったこともない人も巻き込んで感謝の意を述べなくちゃいけないんだよ。むしろこんなことをさせられる自分に感謝してほしいぐらいだよ。大学生のときにやたら書く機会があって辟易してて、さすがに社会人になったら書かなくてもいいだろうと思っていた矢先のこの仕打ち。もう、辞めるなら黙ってさーっと波風立てないで辞めてくださいよ。こんな面倒なことになっちゃったじゃないですかあ。そりよりもなによりも私は先日のももクロのライブに行けなくて傷心気味だっていうのに、変に刺激しないでくださいな。

 

 

 

もう四月も三分の一が終わってしまったことに不安を感じる。そろそろ責任感のある仕事を任されそうで嫌だ。なんなら今ののんびりとした、何もやることがなくて少したいくつしてる時間が嫌じゃなくなってきている。最初は周りがせっせと動いているのに自分はやることがなくて無意味にExcelをいじっていたことに罪悪感を感じていましたけど、慣れますねあんまり何も感じなくなってきました。もうこのままいてもいなくてもどっちでもいいような存在になり果てて、転職する際に引継ぎとかめんどい作業をあまりしなくてもいいような風になってみたいんですけど、そう簡単にことは運びませんかね。やりたいことがないんだよ!何をしたいんだよ、どうすればそれが見つかるんだよ。どうやって見つけてきたんだよ、仕事にどうしてそんなに夢中になれるんだい?教えてくれよ、楽しく有意義に日々を過ごすコツを。。。今のままなら、ただ無駄に日々を咀嚼していく日々を積みかさねていくことにいったい何の意味があるんだよ。

 

 正直、あってもなくてもいい小説。

お前ならどうするんだ。響ならどうするの。もしその才能が枯れた時、あなたなら。

「その、だったら、どうして、生きてるのかなって......」

「私、今気づいたんだけど、新作を出さなくなった作家さん、その......消えた作家さんって人達は、なんとなくだけど、死んだと思ってたみたい。でも、よくよく考えればそんなわけないよね。死ぬっていってもそうそう自殺とかできないし......面白い小説が書けなくなって、生きてる意味がなくなっても、生きなきゃいけないんだよね......大変なんですね...その...良い余生を......」  

「響~小説家になる方法~(3) p57,58,59」

 

痛快だ。

なにもできなかったから

2日間の休日、なんの生産性もない生活を送ってしまった。GWに行く所の計画を立てたりジムで体を鍛えたり、たまった小説を堪能したり桜を満喫したりするはずだった。前日の木金があまりにもハード過ぎて、心身ともに疲れきってしまった私にとってはもう動けなかった。土曜日は眠ることにひたすら徹してそれ以外のことがまったく手に付かなかった。日曜日は前日をそのまま引きずってしまってなんとも不毛な一日を送ってしまった。平日が自分の時間を取れなかったので休日に満喫しようと思っていたが、平日にハードな日を過ごしてしまうと体力を回復させるために休日は眠ることしかできなくなってしまうという虚しさ。今週でなんとかハードな日々は終わる(はず)ので、なんとか乗り越えていきたいです。

 

なんとかこれだけは読むことができた。うーん、設定はいいんだけどうまくそれを使いこなせていない感が強すぎて、勿体ない。

ビール飲みてえ

ああ疲れた疲れた。昨日も仕事が終わるのが遅かったが、今日もなかなか遅い。効率が悪い、システム的にもう少し楽になることを考えるべきなんですが、仕事は努力してなんぼでしょっていうしょうもない考えのせいなのか。疲れてしまった、こんな時間に家に帰っても夕飯を食べる気にならないし、趣味を楽しもうにも眠いし明日のことを考えると何も出来ないんですよね。たまにこんなに遅く帰る日を経験すると日常の有り難みがわかっていいとは思うけど、これが日常になったら転職を考えてもいいと思うのです。残業って麻薬みたいなもので、すればするほどもっともっとみたいに刺激を求めるようになって、そんでもって仕事は減るどころか残業をする人の所に引き寄せられてしまうんですよね、悪循環。定時に出社・退社するのが私のポリシーであり、その条件が満たされないところでは働きたくはないな。一週間本当にあっという間でした。明日は久々に羽を伸ばすぞ。

 

 

 

きっとどうせ暇潰し生きてることに意味なんてないから ならばへらへら笑っていればいいじゃんないの

一ヶ月前あんだけ仕事厭だ厭だと嘆いていて、精神的におかしくなったような気がしてとっさに逃げて、実家に帰って温もりを取り戻して、ボロボロのままでなんとか立ち上がって、今にも倒れそうな状況のなかなんとか歯をくいしばっていたあの頃の辛さが遠い遠い過去のように感じる。なんであんなに苦しかったんだ辞めたかったんだろうな。辞めなくてよかったのかな、あのときゆっくりと休んで将来のことを客観的に考えていたほうがよかったのかな。と思うけどほぼほぼ機械的な行動を繰り返すうちにそのような思考も遮られるようになって、ただただ目の前の仕事に夢中になって取り組む。これでいいのかな、こんなんでいいのかな。分からないことだらけでちょいとつつかれたらパタリと倒れてしまえような案山子だとしても、できればなんとか今の平穏を保っていきたいんだよ。傷付くことを恐れているから、自分から進んで行動を起こすことに億劫さを感じてしまうので、様子見状態が続きすぎて気付いたら自分の居場所がなくなってしまうんだろうけど、えっそれでいいのか。そんなんでいいのか、もっと考えて考えて考えて行動したほうがいいんじゃないか。行き当たりばっかりでこんなことをいつまでも続けていてもいいのかなと思うけど、仕事が終わったらまっすぐ家に帰って音楽聴きながら漫画読んでたらそんなことも忘れるぐらいに気持ちよくなれるんだから困ったもんだよな。生きてるなんて暇潰しなんだからさ、もっと気楽にやってこうぜ(自戒を込めて)。

 

Fabula Fibula(通常盤)

Fabula Fibula(通常盤)

 

 

行けるところまで行ってみて駄目だったらその時に考えましょう

今日はとても慌ただしい一日であっという間に定時になってしまった。複数の物事を同時進行で進めていくのは緊張を強いられる作業だけど、そのぶん得られる達成感は格別のもので、なんとか時間内に仕事を終わらせることができて満ち足りた気持ちで電車に乗っている。久しぶりに家でお酒を飲んでもいいんじゃないかと思うぐらい心が緩みきっているので、慢心しないでしゃっきりとしないと日常に流されてしまい時間を溝に捨ててしまうようなものなので、帰ったらてきぱきと動いて漫画を読もう。そう、昨日寝る前に読み始めた漫画がすんごく面白くて、予備校サボってGANTZ読んだときの高揚感と同じぐらいの興奮を覚えてしまったのだ。なんとか5巻まで引き込まれるように読んでいて、次に進もうと思ったんですが時間も時間なので明日の朝早く起きて読もうと思って寝たんですが、起きれませんでした、いつも通りの時間に眠気を湛えた目を擦りながらなんとか起きました。これ読んでからいきたいなーと、でもそんな理由で仕事を休むことはできない、きちっと働いて早く仕事を終わらせて早く家に帰って読もーと思い、なんとか自分の予想通りに事が運んだのでほくほくしておる今です。ちなみに昼休みにはこんなほんわか漫画を読んでます。癒される。

 

 

各々が好きなようにやっていきましょう 余計な一言は無用です

大学2年生の後半から卒業まで同じバイトを続けていて、それ以前はいろんなバイトをのらりくらりやっていた。文書をひたすら封筒に入れていく機械的シリーズや理不尽なカスタマーの暴言に耐え抜く我慢シリーズ、中学生になるこの採寸をする穏やかシリーズなどいろいろやってきたけど、思い出に残っているのは経験したバイトではなくて受からなかった面接。とあるジムのスタッフ(家からすごく近いし時給もけっこうよかった)の面接に行って、志望動機とか聞かれるのかなと思っていたら「社会に出て何をしたいか明確に考えている?」という質問でした。当時は公務員にでもなってのんびりやっていきたいな(勝手な偏見)と思っていたのでそのことを伝えたら「本当に公務員やりたいの?なんでやりたいの?受かるために今なんかしてるの?」と詰め寄られて、そこまで深くは考えていなかったので答えに窮してしまった。冷たい目で「そんな覚悟で社会に出てもやっていけないよ」みたいなことをいっていたような気がする、その時はいらっと濃度が非常に高くてまともにそいつの話を聞くことができなくなっていた。たかがバイトでなんでそこまで聞かれなくちゃいけないんだよ、と当時は思っていたし、今でもあのときの苛立ちは残っている。一丁前に社会人を気取って、「社会ってほんとつらいぜ、残業が体に沁みる」とかほざいている奴なんて信じなくていいから。惨めな労働を続けてきたか、社会で働くことのハードルを上げて学生達を見下しているだけだから。働くなんてそんな高尚なもんじゃないし、働く理由なんて考え出したら変な方向に行っちゃって戻ってこれなくなるかもしれないからね。ただ頭と体を動かして、くだらない人間関係を我慢して続けるだけだから、上からの命令はほぼほぼ絶対だから、80%でもいいから早く書類を出さないと詰むから。こんなことで磨り減らした心を自慢して、虚しくないか?

 

僕たちがやりました(1) (ヤングマガジンコミックス)

僕たちがやりました(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

日々を楽しく生きられないなら生きていてもしょうがない

という気持ちが最近強くなっている。なんで貴重な時間を削ってまで働いているのかというと、働いていない時間に目一杯自分の好きなことをするためであり、そのようなプライベートな時間を有意義に過ごせないのならもう生きていてもしょうがないのではないかと思うようになってきている。だって嫌な思いをたくさん重ねて我慢して手にした時間を暇潰しにスマホ弄っていたり興味もないのにテレビを見ていたりなんの生産性もない話をそこまで好きでもない人とだらだらと過ごしてしまうぐらいなら、いっそそんなの全て捨ててしまったほうがいいと思う。自分の好きなことをしまくってすごく気持ちよくなるぐらいに時間を過ごさないと、あの時間のあの苦しみは浮かばれないじゃないか。という強迫観念に縛られてしまうようになってしまい、本を読みながら音楽を聴きながらお菓子を食べて、それに疲れたら布団に突っ伏してぼーーっとする、ひたすら。そのような時間の過ごし方が今の自分にとってすごく心地よいものであり、それをするためなら明日のしょうもない時間もなんとかやってけるって思えるんです。自分の時間を全力で楽しんでいないで、だらだら人生つまんねえなあなんかいいことないかなと他人をつつきながらヘラヘラしているやつらは一度生き方を考えた方がいいんじゃないか。そんな風に時間を過ごしていてむなしくないか?そこまで考えが及ばないか?それはそれで逆に幸せなのかもしれないので、まあ他人の人生をどうこういうのはやめにしよう、そんなことしてるぐらいだったら好きな音楽を聴きながら脳内でプロモーションビデオを妄想している方が何百倍も僕にとって意味のある時間だ。

 

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

 

人生ってそんなに楽しくないだろ?

LINEの友達アイコンを見ていたら自分の画像を惜しげもなくさらけ出しているのばかりで気持ち悪くなってきた。満面の笑顔でピース✌友達とあそびでハッピー🎉一人旅は沁みるー😢どうしてそんなに自分を出せる?そんなに自信があるのかい?空っぽな自分と向き合ったことはあるか?どこまでいってもなにもなくて虚しくなった午前三時のあの死にたくなるような気持ちが、あと少ししたら仕事に行かなくちゃいけないのに眠れなくて眠れなくて否応にも自分と向き合うけどそこに何もなかったときのどうしようもない気持ちが分かるかい?みんな辛さを隠して楽しいところだけをさらけ出しているんだって分かってる、みんなだって辛いんだよね、嫌なことがあるんだよね。そうだとしても、私には自分の楽しそうな瞬間をネットにさらけ出す勇気はないし、そんなことしたくない。だらだらと日頃の悩みをつらつらと書くだけしか今はできないなあ。他人の楽しそうな日常の文章を読んでて楽しいか?

 

こんなもん読まなければよかった。なんとか隠し通してきた負の自分とまた向き合わなくちゃいけなくなってきちゃうだろ。なんとか蓋をしたあのどろどろとした虚ろな目の自分と対峙しなくちゃいけないじゃないか。こんなもん読まなければよかった。

 

 

笑いのカイブツ

笑いのカイブツ

 

 

替えは効かない

眼鏡が壊れた。約2年間使っていて、これからも活躍してくれるはずだった。朝の慌ただしい空気を歩きながら信号を待っているときに眼鏡が汚れていることに気づき、無理な体勢で眼鏡を拭こうとしたらボキッといやーな音がして世界が微妙に歪んだ。外して見てみるとフレームが割れてしまっていた。これはもう使えない。このまま行って歪んだ世界を眺めていたら酔ってくると思い、急いで家に引き返して同じ型の眼鏡をはめた。去年保険で買っておいてよかった。眼鏡というものはつけ初めはすごくよそよそしいもので、私はあなたのものになんかならないんだからと言わんばかりに着けていることに違和感を感じる。それがどうだ、一週間もしたら着けていることを忘れるぐらいに私に密着してくるのだ。薄情な奴だなと呆れながら親しくなった眼鏡と世界を眺めていくことになることを思うと胸が熱くなるわけではないが、ちょっと仲間みたいな親近感は少しはある。宜しくお願いします。

退屈の倒し方

Kindle専用の機械を買った。昨年ぐらいから電子書籍を購入するようになり、それは紙の本が増えすぎて部屋に置く場所がなくなってきているからであるし、電子書籍の方が紙よりも安く買えるからである。プライム会員になるとその機械が割安で買えるということで入会しようとしたが、一ヶ月は無料会員にならないといけなくて、その期間中は安くならないため、一ヶ月間は買うことを我慢させられた。ようやく本会員になって買うことができて、今日の午前中に届いた。さっそく起動させてみて、Wi-Fiに繋いでデータを同期させて、さあ本を読もうと思って開いたらページを移動するときの画面の白黒点滅が気になった。それは寒い時期に起きやすい現象で、使っているうちに慣れてくるとネットでは書かれていたが、とてもじゃないけれどこんなのに慣れる気がしなかったので読むのをあきらめた。一万円がパーになったわけだ。ということで家にいてもしょうがなくなったので外に出た。いつものように新宿に行って、前々から気になっていた本を買った。近くの喫茶店で読んでいたのだが、眠くて眠くて全く前に進まなかった。隣の席では就活生っぽいこが大学の先輩に就活のアドバイスを仰いでいて「もうそんな時期になってしまったのか、早いな」としみじみとしていたが眠気は衰えなかった。無駄に絶好調だった。0からエピソードを作るのは困難だから、1を膨らませなくちゃいけないのよとか、業界はある程度絞っておいた方がいいわねとか当たりのことばかりを言っていたのに、後輩の方はうんうんと忙しなく頷きながら必死にメモを取っていた。そんなに真面目にならなくても、就活は運ゲーだからなるようにしかならない、頑張っても良いところ(世間体な意味で、自分にとって良いところとは限らない)に入れる確率がほんの少しあがるだけだからもっと気楽にやればいいのにな、とそのこに同情を抱きながら3年前の自分にも言い聞かせるつもりでぼーっとカフェモカを飲みながらそんなくだらないことを考えていました。そのあとにライブに行ったんですけれど、すごくよかったです。

 

 

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

 

 

だれか僕の孤独を奪いに来て

東京。地元にいた頃の私にはとても遠い場所で、めったなことがない限りそこを訪れることはなかった。大学が暇なときは学校に行く気力もなくて、茶の間で点いていたテレビにはいつも東京のどこどこが映っていた。きらっきらした有名人が美味しそうなものを食べたり楽しそうなところに行っているのを延々と垂れ流すテレビジョンは私に東京という理想郷を深層心理までに植え付けてくれた、わけではないが憧れていた、少しぐらいは。住むには適した場所であるが遊ぶところは特にないなという印象の地元で生まれ育った私はそのような環境が当たり前、普通なものとして生きてきた。社会に参戦していくというイベントが発生してしまったせいで首都圏に突入してしまってはや三年が経とうとしているが、正直なきもちそんなにわくわくしてない。日頃から六本木でバーをはしごしたり、原宿でショッピングしたり、浅草で日本を体験しているわけではないので、あまり都会に暮らしているという実感がわかない。新宿や渋谷に出たときに人がいっぱいいて殺気だつきもちが異常なほど高濃度なときは、そっか東京なんだと思うが、それ以外の日々は至って平凡、平々凡々な日々である。それを誇らしく思わないと言ったら嘘になるが、も少し都会感を満喫しておきたいなーとは思います。来年の今ごろは何処にいるのか何をしているのか、はたまた息をしているのかわからないわけで、ならば今のうちに面白いもん美味しいもんはたくさん浴びておきたい、そうしてもバチは当たらないだろうと最近つくづく思うんですけど、いざ土日になると家でぐうたらしてしまう私がいる。

全部全部全部溶けていってんだよ

終わったよ終わったよ。長かったことこの一週間が。仕事中やることないことで暇をもて余すことが最近のトレンドになりつつある私ですが、同期がすいすいと進んでいくのを何も思わないで眺めているわけではないですよ、どす黒いどうしようもない感情が渦巻いて、ああもうすべてを止めてしまいたいとドン底に落とされる日だってあるんですよ。もうそんな日が来ないことの方が稀になってきて、そんな状態は喜ばしくないのでなるべく自分の作業に集中するようにしているんです、気付くとあいつが視界に入ってきて落ち込むんですけどね。まだそんな状況を開き直れない自分と一対一で今日は朝まで飲み明かしたい気分ですよ。いつまでそこにいるんだよ、早く上まで上がってこいよってケツをひっぱたいてやりたいんですよね、そんなことしてら余計やる気がなくなってしまってもうどうにもならないことが目に見えているので避けてはいるんですけどね。いやあ、参った参った。それにしても今から2日間とちょっとは自分の時間がやって来るんだとワクワクする今のこの気持ちが一週間で一番好き。家に帰ってたら何しよーかな。明日は何をしよーかな。明後日はどこで一日を過ごそうかしらと考えただけで涎が零れてきてしまうので、本当に幸せなんです🍀ずーーっと、ずーーっとこの時間に浸っていたい(///∇///)

去るもの追わず去るもの追わず

働き始めてそろそろ2年が過ぎようとしているのですが、職場を去っていく人がちょくちょく出てくることに対して寂しさを覚えると共に自分もこのままここにいていいのだろうか、ちゃんと手に職をつけたほうが将来会社を首になったとしてもなんとか食いっぱぐれないんじゃないかと焦る日々が続いております。お世話になっている先輩も転職を近々するそうで、そうかいなくなってしまうのか、でもあんだけ上からガミガミと言われたらメンタルもやられちゃうよなあ、もっと早く辞めたほうがよかったのかもしれないねえ。このままここにいて、いいのだろうかと思うしできれば成長するような環境で働きたい。仕事はお金を貰うための手段であって目的ではないとスパッと割りきれれば楽になるんだろうけど、そんな風になかなか考えられないよ。ああ、今日もなんか微妙な一日だったなあという日々をこれからも積み重ねていくのは恐怖ですよ、ホラーです。でもなあ、やりたいことが特にないんだよなあ、なにかこれだ!ってものがあれば多少苦労しても頑張れるんだけど、そこまでのものに巡り会えていないんだよなあ、いや自分が本気になって探していないだけで死ぬ気になってみれば見つかるんじゃないのかとは思うんですけど、腰が重い重すぎる。日々の会社勤めで凝り固まっている腰をこれ以上痛め付けるような真似はしたくないんだよな。そんなことをぐるぐると考えていたらあっという間に30が来てあっという間に40だぞ。という戒めをなるたけ覚えておきながら明日も暇をもて余すんだろうなあ。

もうビールなんか飲んでいる場合じゃないっすね。

生きていくうちに勝手に自分で決まりごとを作ってそれに縛られて生きている息苦しいわ。一所懸命に働かないと周りに嫌われて馬鹿にされて死んでしまう!死なないよ。嫌われてもいいじゃん好かれる努力したのかよ?好かれるために努力する必要あるの?それって才能なんじゃないですか?今日も仕事がうまくいかなかっただからといっていつまでも暗い気分引き摺っているんじゃないよプライベートの時に仕事の辛かったこと再上映してる暇あるならその時を楽しむために集中しなきゃだめじゃん。太宰か芥川が言ってたけど、本当に満足のいく日なんて生きてて1日か2日あればいいほうだなんていやいやそれなかなか辛くない?他の日は不満を抱えながら生きているってことでしょ。毎日とは言わないけど、3日に2日は一日の終わりに「楽しい一日だった」と言えるように過ごしたいから。一秒も無駄にしたくないんでこっちは、そこのところは妥協したくない。美味しいもの食べて、面白いものを味わって、笑顔でいられる時間が長かった一日を何個も積み重ねていきたいんだよ、後ろを振り返って「あああ、俺はなんであのときこんなことをそんな風にああしてしまったんだろう、ううう」なんてしてる時間なんてないんです、そんなことしてるぐらいならどうすればよくなるのか考えろ。

暗い気持ちがやってくるのは

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪いの最新巻を読み終わってしまった。主人公の下衆さが巻を重ねるごとに薄らいでいっているのに周りのくずっぷりがいい塩梅で炸裂していて、今回も一気読みしてしまった。ほんとにこの漫画おもしれえわ。何回読んでもどことなく切ない気持ちになれるし、少しほっこりできるんだよな。主人公の周りのキャラが勝手に暴走を始めてしまうパターンともこっちが相変わらず周りを見下した目で見るけど少し優しくされたら「そんなんでもなかったわ」と思い直すパターンが好きで、他にも弟が絡んでくるのもツボです。次巻出るのが今年の冬とか、その頃に俺はどこで何しているんだろ。どうか楽しい日常を送っていますように。そろそろあらゐけいいちの新作を買って読みたい。