眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

【2018夏】地元四日目「充実させたった」

昨日も夜更かしをしてしまった。何気なく読んでいた若杉公徳の「ライミングマン」が凄く面白くて、一気に2巻まで読んでしまった。この漫画はまとまって読みたいタイプなので、早く3巻が出て欲しい。

 

 

 

ということで今日も寝不足で一日を始めなくちゃいけないことになったのですが、起きたのが9時過ぎだったの昨日よりかは眠くありませんでした。一通りごろごろしてから、近所のTSUTAYAに行って、まだ入手していなかったももクロのCDと水曜日のダウンタウンを借りました。

ピンキージョーンズ <通常盤>

ピンキージョーンズ <通常盤>

 
ミライボウル

ミライボウル

 
労働讃歌

労働讃歌

 

 

 

CDのインポートが終わったのが12時前で、そのあとに都会へ繰り出しました。お昼ごはんは韓国料理屋「ソウルテーブル」でビビンバを食べました。先日の韓国旅行では食べる機会がなかったので、チゲを選ばずにビビンバにしたんですけど、正解でした。スタンダードなビビンバで、余計なものを一切加えていないおかげで、求めていた味を堪能できました。これで880円は安いです。石焼きではないビビンバは680円だったので、もし会社の近くにあったら週3で行ってると思います。それぐらいに魅力的なお店でした。店内では最新のK-POPが流れていて、「こんなのが今流行っているんだ。でも昔の方がやっぱりいいよな」と思いました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180817223341j:plain

 

 

次に高島屋で開催していた「スヌーピー・ファンタレーション スヌーピー×おもしろサイエンスアート展」を観てきました。いろんな人が思い思いのスヌーピーを作っていて、スヌーピーに興味のない私でも十分に楽しめる展覧会でした。特に一番初めに飾られていたロボスヌーピーがとてもツボでした。

f:id:bigpopmonsterpro:20180817222525j:plain

 

 

次にPARCOで「ざんねんないきもの展」を観てきました。これに関して特に感想はないです。ただ、カメレオンを生で見るとカメレオンのことについて調べたくなりました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180817222516j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180817222508j:plain

 


次に大須へ。

f:id:bigpopmonsterpro:20180817222450j:plain

納屋橋饅頭万松庵「揚げまん棒」

f:id:bigpopmonsterpro:20180817222459j:plain

李さんの台湾名物屋台「台湾唐揚げ」

上の二つをおいしく食べさせていただきました。中途半端な時間だったせいか、いつもは混んでいるお店が空いていて、とても快適に過ごせました。あとは前から買いたかった靴をABCマートで何とか購入。来週の土曜日から履くつもりです。

 


次に名古屋市美術館で開催していた「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を観てきました。東京でやっていたときは見る機会がなく、今回の帰省のタイミングでうんよくやっていたので見てきました。ルノワール作の「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」が底抜けに可愛くて可愛くて、5分ぐらいはボーっと眺めていました。この絵を生で観れただけでも地元に帰ってきてよかった。興奮がおさまらなくて、ついポストカードと額縁を買ってしまった。自分の部屋に置く場所なんておそらくないのに、なにしてるんだか。

f:id:bigpopmonsterpro:20180817222452j:plain

モネ「睡蓮」

 

 

そのあとに夕ご飯で「味仙」に行きました。いつもと同じように台湾ラーメンと子袋を食べて、大満足したお腹をさすりながら家に帰りました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180817222443j:plain

 

 

 

 

 

さて、一日にこんなにも詰め込んでしまうと達成感だけがものすごくて、個々の思い出で薄れていってしまうんですね。そして楽しい瞬間のときにふいに襲ってくる「月曜から仕事だぞ」という声にくたばりそうになりました。分かっているよ、そんなこと。でもまだ夏休み気分を堪能させてくれないか?日曜日の夜になったら仕事するモードに切り替えて、月曜日にしっかりと働くから、だから今だけは見逃してくれないか?

 

ということで、現実逃避している最中にさらに現実逃避するため、三日連続の夜ビールを堪能させていただきます。まだ今日は終わらせねえぞ。

【2018夏】地元三日目「ずぶずぶ」

精神的に不安定な状態が続いている。音楽を聴いても、本を読んでも、お笑いを見ても、そのコンテンツに対して没頭できずに「月曜日から仕事か...」ということを考えてしまって暗い気分になってしまう。実家に帰ってのんびりしてるとたいていこういう状況に陥ってしまう。東京で一人で暮らしているときには不安はさほど感じないのに、実家に帰って家族とコミュニケーションを取り、懐かしいものに囲まれていると社会人であるということから離脱してしまう。自分という存在をいつもとは違った視点で、冷静に眺めることができてしまう。そうすると自分の生き方が非常に窮屈なものに思えてきて、「ここまでして生きている意味ってなんかあるの?」というネガティブモードにはまってしまう。こういう考え方をしてしまうのは社会人になって4年目にもなるのに、未だ仕事に対して自信を持てるぶぶんが殆どなく、「自分がいなくても自分が所属しているところはまわっていくんだろ」ということを考えて、自分で自分を追い詰めてしまうから。「自分はサラリーマンとして働くことに向いていないんじゃないか?」と何度も何度も考えてきた。答えなんか出ない問いを考え続けても無駄に疲れてしまうだけなのに、どうして考えてしまうんだろ。もうこんな自分は嫌だ、社交的になってたくさんの人といろんな話をして、いろんなことを吸収して、そんでもって人間的に成長したい、という願望を持ってても、叶えられない、叶えようと努力をしないのならそんな願望は捨ててしまったほうがいいのに。普段はそんなことを考えないように生きているのに、実家に帰ってきて気が緩むとついつい深みにはまってしまう。これが自分にとっていいことなのかどうかはわからないけれど、自分を見直す時間が年に数回あるというこてゃ大切なんじゃないかとは思う。でも、不安定は嫌だ。早く落ち着きたい。自信を持った言動をしたい。たぶん、自信を持つなんて根拠がなくて、自分で勝手にそれっぽい雰囲気を作ってしまって振舞ってしまったもん勝ち何だと思うけど、いつも怖がって足踏みしてしまう。変化を恐れてしまうのは自分の悪い癖だけど、その癖のせいでひどいことに遭遇することなくのんのんと生きてこられたのかもしれないと思うと、どうすることが正解なのか分からなくなる。

 

昨日は夜遅くまでサンドウィッチマンの本を読んでいたくせに、朝の7時に起きてしまったせいで午前中は眠たかった。午前中に外出したかったけれど、排水溝の点検が午後に来るので、仕方なく部屋でのんびりとしていた。ここに籠もっていれば誰からも私の人格を攻撃されることなく生きていける。でも私を認めてくれる人にも会えなくなる。ここでいつまでものんびりしているわけにはいかない。でも後数日ぐらいは自分の好きなようにさせてくれ。こういったまとまった休暇のとき、いつも仕事のことをほぼ完全に忘れて全力で楽しむことにしてるんだけど、仕事のことを振り返って、何が今、自分に足りないのか、どうすれば成長していけるのか考えたほうがいいんだろう。でも、私には今、そんな向上心はなくて、ひたすらに仕事から逃げている。そんで、仕事が後どれくらいで始まってしまうのかを考えておびえて、蹲っている。それなりに対策をした方が後々の自分のためになるって分かってる。でも、楽なほうへ楽なほうへと誘われるがままに甘える私は弱い人間だ。

 

昼過ぎに眠気を抑え切れなくなって、昼寝をした。幸せだった。布団に横たわって、眠りに入るか入らないかをいったりきたりするあの時間は幸せ以外の何者でもない。ほかで代用することのできない、とびっきり幸せな時間だ。起きて16時過ぎで、天気がもちそうだったのでお墓参りに行った。前回行ったのがおそらく去年のお盆で、そんときも私は仕事で苦しんでいたのかな。今にも雨が降り出しそうな空の下、久しぶりのお墓に私は今の自分の状況と、今後どうしていきたいかを祈った。

 

そんで、都会のほうに出てスヌーピー展を見に行こうとしたのだが、ちょうど棚卸しをしていて、行けなかった。電気屋さんでスマホを見たり、ユニクロでVネックを見たり、本屋で本を見たりして軽い充実感を堪能した。夜はたいめいけんでオムライスとハンバーグのを食べて、値段相応のおいしさで心が満たされた。明日の朝に食べるパンを買って、家に着いたのが22時過ぎ。それからも不安な状況が続いて嫌だったので、ジャルジャルのコントをひたすら見て現実から離れようとした。離れられなかった。

 

サッポロビールをちびちび飲みながら、文章を書いている今はとても落ち着いている。人には話せないような悩みをひたすら文章にしていると、自分の気持ちが整理できて、ごちゃごちゃになっていたことを一つ一つ整理できて、「そこまで深刻な状況ではない。今からでも巻き返せる」と落ち着ける。だから明日も文章を書くだろうし、これからも書き続けて自分の考えたことを残していきたい。明日はももクロのDVDが届くからそれを観たいけど、都会に繰り出しておいしいものをいっぱい食べて、買いたかった物を買うのでお預けにします。明日も明後日も休みって、本当に落ち着くわ。

f:id:bigpopmonsterpro:20180816235157j:plain

 

【2018夏】地元二日目「ELLEGARDENが復活した。その頃おばあちゃん家でのんびり」

新木場のライブのときもちょこちょこTwitterは覗いてにやにやしてたんですけど、今日のZOZOでの呟きとセットリストを眺めていたら嬉しくなって、本当に戻ってきてくれたんだなって興奮した。高校時代、ロックバンドを聴くようになってすぐにのめりこんだのはELLEGARDENだった。歌詞、声、メロディー、演奏、全てが他のバンドから圧倒的に抜きん出ていて、こんなにもかっこいいバンドが日本にもいるんだ、大学生になってお金を自分で稼いでライブにいきたいなって思ってた。大学に入る前には活動を休止してしまった、凄く悲しかった。それでも、ELLEGARDENの曲を何度も何度も聴いて、人生の辛い時期を乗り越えて生きてきた。先日、復活するというニュースを目にして「いやいや、まさか、ね」と思ってて。でも、今日のみなさんの呟きを眺めていて、「本当に復活したんだ」と飛び跳ねたくなるぐらいに嬉しくなりました。でも、実際に自分の目で彼らを見ていないから、復活したというのは半信半疑なところです。お願いだから、今回のライブで終わりにしないで、ぜひともツアーを回って欲しい。自分の目で彼らを見たい。好きな曲を生で聴いて、あの頃の自分に自慢したい。

 

眠いくせに7時に起きてしまったもんで、眠気を抱えたまま一日の半分を過ごしました。午前中はスマホの情報を探すのに延々と時間を溶かしていました。こんなにも情報があると、何が一番いいのがわからなくなってしまう。ああ、もう誰かが「これにしなよ」と言ってくれたらそれにしてしまいそう。いろいろと研究した結果、UQ MobileのiPhone SEに落ち着きそうです。でもHuawei P20 liteも捨てがたいよな。でもiPhoneは一度も使ったことがないから、やっぱりiPhoneかな、でもXperiaは今までずっと使ってきたから......。

 

昼はお母さんが出してくれた牛丼を頬張りながら「実家暮らしまじで天国だわ」とぬるま湯に浸かる幸せを噛み締めておりました。こんな生活を続けていたら、そりゃ引きこもりたくなりますわ。東京なんか、帰りたくないっっ。

 

16時過ぎに家を出て、おばあちゃん家に。のんびりと流れる時間、家族の何気ない会話を浴びていると東京で一人暮らしをしてて感じる空虚さを和らげてくれます。あと、いろんな会話が飛び交っているので、それらのことに対して殆ど知らない自分はいかに世間から隔離された生活を送ってきたのかと思いました。普段は自分の興味のあることしか知ろうとしないので(9割方音楽、あとは本)、このような環境にいることは刺激的であると同時に、日常会話をするにはニュースを見ないといけんなと。上司と話をするときも日常会話が壊滅的にできなくて「雑誌を読め、雑誌を」と言われたんですが、未だに雑誌は読んでません。何を読めばいいんだ、POPEYEとか読めばいいのかねえ。

 

そのあともいつもどおり、お寿司を食べてのんびりとしてました。そして自分のしゃべらない事!話しかけたらそれなりに返答はするんですけど、自分から場に話題を提供を一切していないこの愚鈍さ!昔からそうだった。そして今も変わらないこと、そりゃ人と上手く話せないわけだ。ほぼ何を言ったとしても受け入れてくれる環境ですら「変に思われないかな」と思ってだんまりしてるんだから、素性の知れない人とのそれなんかいわんをやですよ。ほんとどうにかしないといかんのに、それでどうにか生きていこうとしている自分の機器察知能力のなさ!ああ、人っこ一人いないような田舎で一人細々と生きたい、切に。それならライブに行くのは我慢する。

 

ミュー、ジャパン・ツアーの開催が決定! 『フレンジャーズ』のリリース15周年を記念した全曲再現ライブ (2018/08/15) 洋楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

でもこんなニュースが転がり込んできてしまったからには、当分はまだサラリーマンを続けなくちゃいけないです。Interpolだって来日するってんだから、なかなかサラリーマンは辞められそうにないです。

フレンジャーズ

フレンジャーズ

 

 

【2018夏】韓国旅行四日目、東京、そして地元へ......

飛行機が飛び立つのが10時なので、今日は6時に起きて7時前にホテルを出ました。そのあとは明洞駅→ソウル駅→仁川国際空港駅と電車を乗り継いでいき、ロッテリアでプルコギバーガーを無理やり詰め込んで、搭乗口へ。ジャストのタイミングで着いて、あとはただ眠気を弄ぶだけでした。本を読むには眠すぎるし、かといって寝るには居心地が悪いしで、音楽を聴きながらただただぼーっとしてました。12時ぐらいに東京に着いたときにはほどほどに寝ていたのか、眠気は軽くなっていました。それからさくっと出国審査を済ませ、ポケットWi-Fiを忘れずに無事返し、のろのろと電車に乗って都内に戻りました。途中で同行者と離れたんですけど、ふっと心が軽くなって、「自分は彼女に対してこんなにも気を使っていたんだな。ここまでして関係を続けていくのはどうなんだろうか。人間関係において100パーセントストレスのない関係なんて存在しないとは思うが、ここまで気疲れしてるんだったら、結婚したらどうなるんだろう」と疲れた頭でぼーっと考えていました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222859j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222746j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222826j:plain


 

昼ごはんも食べずに渋谷に行って、ツタヤで思う存分CDを借りました。「Foster The People」と「Arcade Fire」の新譜がなかったのが悔しかったんですけど、アナログフィッシュの新譜がようやく借りれてのでまあ良かったです。

 

 

 

COLDPLAYのTシャツを韓国で買ったので、気になって借りました。この機会に彼らのアルバムを聴き返してみるのもいいかも。

Kaleidoscope Ep

Kaleidoscope Ep

 

 

友達が大絶賛してて、ようやくレンタルできるようになったので。

LANY

LANY

 

 

惰性その一。

RISK TO EXIST (LIMITED DELUXE EDITION)

RISK TO EXIST (LIMITED DELUXE EDITION)

 

 

新譜を本当に楽しみにしていた。このアルバムをひっさげたライブが早く観たい。

Still Life

Still Life

 

 

ジャケ借り。

若者たちへ

若者たちへ

 

 

惰性その二。

Sonatine※初回盤(2CD)

Sonatine※初回盤(2CD)

 

 

前作がとてもよかっただけに、今作も楽しみにしてました。ライブではすでに披露されていて、かっこよかったので早く聴きたい。

TWISTER -EP-

TWISTER -EP-

 

 

ネットの人がすごく推していたので。

MOROHA BEST?十年再録?(初回限定盤)(DVD付)

MOROHA BEST?十年再録?(初回限定盤)(DVD付)

 

 

惰性その三。

hameln

hameln

 

 

ジャケットがかっこよかったので。どんな音楽なんだろう。

LOVE

LOVE

 
JET

JET

 

 

 

家に帰って、延々とリッピング作業を続け、途中、「LANY」のアルバムの具合が悪くてなかなかリッピングできませんでした。それからさくっと準備をして、17時過ぎに家を出ました。

 

18時40分の新幹線に乗って、地元へ。昼ごはんをろくに食べていなかったので(きゅうり2本)途中にスーパーで買ったお菓子をぼりぼり食べながら、お気に入りのブログを読んでました。「明日に対する不安がないって、本当に幸せなことなんだな」とアナログフィッシュを噛み締めるように聴きながら新幹線でのんびりしました。

 

10時過ぎに家について、約一ヶ月ぶりの自分の部屋でのんびりしてるんですけど、ここにいたら居心地が良すぎて引きこもりになってしまうなと、不安になりました。さて、明日はおばあちゃん家に行くのか、あれ、前回行ったのがいつだったっけ......。

【2018夏】韓国旅行三日目

早いもので、一日をフルに使えるのは今日で最後。でも身体は着実に疲労が溜まっているので、そこまで動きたくない。

 

9時頃に起きて、明洞のイエジ粉食へ。おじさんとおばさんが経営してるお店で、何年か前に行ったことがある。純豆腐チゲを頼むと、それに付随しておかずがたくさん出て来て、これが韓国なんだよなと再認識。チゲの味は可もなく不可もなくでした。もうすこし出汁の味が強くてもよかったかな。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222737j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222727j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222719j:plain

 

次に今回の旅で三回目の雪氷へ。果物は飽きたので、ヒット作のきな粉雪氷を注文。味は確かに美味しくてこれはこれでありかもしれないけれど、お菓子というよりかは御飯みたいな感じで、これに追加して果物の雪氷を頼みたくなったが、お腹を下してしまうので諦める。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814223357j:plain

 

 

体力を温存したいので、一度ホテルに戻り、かるーく寝ました。これのせいで後々めんどーなことに。

 

次に昼御飯を食べるため鍾路5街にある広蔵市場に。ユッケチャメチッというお店で、ここは前回の旅行の時に訪れたときにとても気に入って、ここに行くために今回の旅を計画したようなもんです。一年ぶりのユッケ(12,000ウォン)は相変わらず美味しくて、頬が落ちそうなほどに幸せを感じました。いつまでもこれを食べていたい。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222817j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222808j:plain

 

 

まだお腹に余裕があったので、スニネピンデトッへ。広蔵市場で最も人気のあるピンデトッ専門店だそうで、確かに一番人気の緑豆チヂミ(4,000ウォン)を堪能。美味しい。でも、揚げたてが食べたかった。揚げたてだったら、もしかしたら今回の旅で一番美味しいものになったいたかもしれないのに。そしてこの量を一人で食べるのはちときつかったです。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222910j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222901j:plain

 

 

そろそろやることがなくなったきたし、お腹は満たされたいるので、最終手段のソウルタワーへ。明洞からケーブルカーまでの距離はそこまで遠くなく、ケーブルカー(往復:9,500ウォン)の移動時間も思っていたより短かったので、そこまで負担はありませんでした。少々曇った空と、一面のソウルの街並みは、まあよかったです。そこで満足してしまって、10,000ウォン払ってまでソウルタワーに昇るのは消化不良に陥りそうだったのだ諦めました。ふらふらとソウルタワーの施設を見て回っていると貢茶が。一休みしようとしたらリニューアルオープンのため、改装をしてました。あとはスタバがあったのですが、もういいかということで、滞在時間約1時間でソウルタワー麓を後にしました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222852j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222925j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222833j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222843j:plain

 

 

またホテルでゆっくりしたあとに、夕飯を食べるために明洞へ。チルチルミチルというお店へ。「チルチル」は、代表的な定番人気メニューのフライドチキンをはじめ、オーブンで焼き上げたローストチキン、サクサククリスピーチキン、クリームやチリソース味、創作鉄板料理など、変り種チキンが揃います。だそうです。ここでは「甘辛チキン」という、名前そのまんまのチキンを食べました。美味しかったんですけど、味がしっかりしてて食べるごとにヒットポイントが削られていったことに加え、二人で食べるにもけっこうしんどい量でした。このごはんが韓国で食べる最後のしっかりとした御飯になるなら、東大門のタッカンマリのほうがよかったのかもなと後悔。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222916j:plain

 

 

その足で四回目の雪氷へ。最後は後悔したくないので、三回食べて一番美味しかったマンゴーグレープフルーツ雪氷(11,900ウォン)を購入。この美味しさを僕は忘れないぞ。日本では原宿にあるんですけど、原宿は完全にアウェイな場所で一切足を踏み入れたくないので、当分は雪氷に行くことはないでしょう。ありがとう、雪氷。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222851j:plain

 

最後の足掻きで、明洞駅前にある貢茶で「ブラックミルクティー+ホワイトパール」(4,500ウォン)を注文。ホワイトパールはたぶん日本にはないトッピングで、どんな食感だろうとわくわくしてたんですけど、苦手なやつでした。

 

ホテルへ帰って、のんびりして、明日は早いけれど少し夜更かしををして、0時20分ぐらいに電気を消しました。そこからがとてもつらくて、日中にちょこちょこと寝たしまったせいで、疲れて眠気はあるのに寝れないという辛い状況に。一時間半は格闘してたと思います。気付いたら眠っていて、すぐに朝が来てました。眠い。

 

あと少しで、韓国を去る。

【2018夏】韓国旅行二日目

朝は早く起きてしまって、まだまだ眠かったので寝たら9時過ぎになっていた。もうちょっと寝ていたかったがせっかく旅行に来ているので、頑張って起きて明洞へ。

 

朝御飯は毎度お馴染み、忠武キムパッの1号店。イカの和え物、ほしこだしのスープ、カクテギ(800ウォン)を堪能。店員の無粋な接客が癖になる。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222343j:plain

 

そのあとにソルビンへ。ここのかき氷はふわっふわで、他所では味わえないのが特徴。今回はマンゴーグレープフルーツ雪氷(11,900ウォン)を堪能。マンゴーの濃厚な味とグレープフルーツのさっぱりとした味、それがコンデンスミルクと混じりあった雪のような氷にとてもマッチしてて、これならいくらでも食べられるんじゃないかと錯覚してしまうほどに美味しい。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222636j:plain

 

そのあとに明洞聖堂へ。落ち着きました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222619j:plain

 

昼は東大門の隣駅のユッケのお店で食べようという計画なので、とりあえず東大門へ。毎度お馴染みのdootaやミリオレで服を見るも、店員の尋常じゃない接客に心折れて、ろくに服を見ないで退散。ユッケのお店に行こうと思い、ネットで調べてみると日曜日が休業であることが判明。急遽、食べる店を明洞に変更。

 

神仙ソルロンタンというお店へ。ここはソルロンタン(8,000ウォン)が美味しいこともさることながら、食べ放題キムチがむちゃ美味しい。今回も我を忘れて黙々とキムチを食べ続けました。大根より白菜のキムチのほうが自分には合っていることを再認識。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222628j:plain

 

明洞で少し店を見てから、特にやることもないし疲れていたのでホテルへ。15時過ぎに着いて、布団に寝転がっていると寝てた。起きたのが19時過ぎで、それでもまだ眠かったが、時間がもったいないので、また明洞へ。

 

外に出てみるとものすごい雨が降ったのか、地面がとても濡れていた。ちょうど雨が上がったのか、空からは太陽が覗いていて、自分が晴れ男であることを再認識。

 

夜ご飯に明洞餃子で餃子(10,000ウォン)とカルグクス(8,000ウォン)を堪能。そしてここの名物である、辛さが尋常じゃないキムチを少しだけ堪能。これを食べるために韓国に来たようなものなので、達成感をひしひしと感じながらお腹に違和感を抱えてました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222611j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222602j:plain

 

そのあとにぶらぶらと店を見ていたら案の定お腹を下し、ちょうどいい場所にお手洗いがあって助かりました。

 

ここで帰るのも勿体ないので、本日2回目の雪氷へ。昼の時は殆ど人がいなかったのに、この時間帯(21時過ぎ)だとほぼ満員で、雪氷の人気を再確認。今回はアップルマンゴーチーズ雪氷(11,900ウォン)を堪能。先程のマンゴーグレープフルーツのほうが美味しかったが、これはこれで美味しい。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222754j:plain

 

そのあとにTOP10でCOLDPLAYNIRVANAのTシャツを計4着購入(30,000ウォン)。あとはスーパーマーケットみたいなところで職場の人用のお土産とゴボウ茶を購入。ゴボウ茶まずっ。

 

23時前にホテルに着いてだらだらとしてるこの時間が幸せ。ひたちなかでサザンがライブをやっていたそうだが、私にとってはここで過ごしたほうが正解だった。明日もここで楽しむ。おやすみなさい。

【2018夏】韓国旅行一日目

旅行は始まってしまったらあっという間に時間が過ぎてしまって、気付いたら帰りの列車に乗っているということが往々にあるので、今日を全力で楽しむことが旅行の充実度を決めるということに最近気付きました。なので、今日一日は全力で時間を惜しむように楽しみました。


成田から仁川まで、約三時間ぐらいの飛行時間は特になにもしませんでした。あまりにも安い飛行機を選んでしまったので、席の前についているディスプレイは映画が映らないし、機内食も出ないわで、ぼーっとしてるぐらいしかありませんでした。たまにぼーっとしていることに嫌気がさしてKindleで本を読んだ見るんですけど、あまり集中できず、またぼーっとする時間に戻ります。前回のヨーロッパ旅行の時の途方もない飛行時間に比べたら、今回の三時間なんて誤差みたいなものでした。


韓国に着いてから、ソウル駅までいく電車がどこにあるからを分からなくてやきもきして、なんとかして乗った電車でソウル駅には18時過ぎに着きました。そこからホテルへ行ってチェックインをして、お腹がぺこぺこだったので明洞へ急ぎました。まずはレートのいいところで二万円を両替して、「Mr.チーズ 直火タッカルビ」へ。店の名物の「Mr.チーズ 直火タッカルビ」(一人前1,300ウォン)を堪能しました。正直チーズはそこまで重要じゃなくて、タッカルビのタレがすごくおいしいのと鶏肉がとてつもなくおいしかったです初日からありがとうございます。本当においしかった。家の近くにあったら週二で行くぐらいのおいしさでした。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222417j:plain

 

 

そこから明洞をぶらぶら歩き、お腹を少し空かせた状態で「BEANS BINS」へ。マンゴーがどっさりのっているワッフルを頼みました。ワッフルはそこまで美味しくなかったんですけど、マンゴーのシャーベットがとてつもなくおいしくて泣きそうになりました。なんでこんなものを作れるんだよ。ということで22時を過ぎていて、へとへとで、明日のこともあるのでホテルへそそくさと帰りました。

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222409j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180814222352j:plain




23時前に着いて、ささっとシャワーを浴びて、韓国のテレビをのんびりと見ておる今です。幸せで幸せでしょうがないですやん!明日は何を食べようかと考えただけで幸せが全身から溢れおちそうです。とりあえず現場からは以上です。明日は朝食に「忠武キムパッ」を食べようと思います。それでは、おやすみなさい。時差がないって素晴らしい。

睡眠と悪い芝居と保坂和志、お盆休みはこうも幸せである

今日は12時前までのんびりと寝ておりました。三日前から就業中に感じていた眠気を取り除くためには今日、ある程度寝ておかないといけないなと思いまして。あとは昨日、徹夜でふろむださんの本を読んでいたので純粋に眠かったからです。そのときに見た夢が結構ショッキングな内容で、某アイドルが自殺してしまうという悲惨なもんで、私の心理的状況はどうなっているんだよ......。まだ疲れてるのかな。そのあとは朝と昼兼用の御飯を食べて、築地へ。

 


築地本願寺ブディストホールで悪い芝居を観てきました。今回はギャグ要素がふんだんに織り込まれた内容で、ズイショズイショでくすりとしてしまう内容でした。全編を通してどこがよかったのか、というのはうまく言えないんですけど、、印象的に残っているのは岩井七世さんが植田順平さん演じる居酒屋のキャッチに絡まれてなかなか追い払えない時、「狂った人の真似をするといいよ」と近くにいた人に助言され、渾身の「狂った人」を演じたところでした。「エビの頭の殻を剥いたときにでてくる茶色の脳髄液の飲み放題はありますか?」というところがツボりました。他にもたくさんのツボがあったので、もしもう一回けるなら行きたいです。そして、11月に再演されることが決まった「メロメロたち」が今から楽しみで仕方ありません。「メロメロたち」で悪い芝居に出会って、それからずーっと彼らの芝居を観ているので、とても思い入れのある舞台でもありますし、東京の他の演劇も観てみようと思った作品なので。それまでなんとか生き延びます。

f:id:bigpopmonsterpro:20180810230210j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180810230159j:plain

 

16時過ぎに築地から秋葉原へ。ももクロのグッズを見てみたかったので、世界のラジオ会館の5Fにある「TRIO」へ。こんなにもグッズが置いてあるのを見るのは初めてなのでわくわくしました。でも、自分が参加していないTシャツを買うのは違うなと思いました。そのときに参加したライブの思いも込めてライブTシャツを買っているので、こういったグッズ探しをするのはやめよう、そういうところにお金を使うんじゃなくて彼女たちに還元できる使い方をしようと。なので、11月からの青春ツアーは1公演だけでも行かせてください!!
 

 

そのあとに、炎天下の中を歩きながら、意識が朦朧としながら「麺屋武一」に行きました。このお店は秋葉原のラーメン屋さんで私が唯一信頼しているお店で、相変わらず「濃厚鶏白湯そば」おいしかったです。ヨーロッパに行く前に食べて、無事に日本に帰れたらまたここの濃厚鶏白湯そばを食べに行こう、と決めていたので、それが今日叶えられてよかったです。

f:id:bigpopmonsterpro:20180810230151j:plain

 

そのあとは、保坂和志さんのトークイベントに参加するため、青山ブックセンターに初めて行きました。19時から20時40分ぐらいまで、保坂さんのとりとめのない話を行ったり来たりしながら聴いているととても居心地がよくなってしまって、「もうちょっと気楽に生きてみてもいいな。最近悩みすぎだな」と楽になりました。トーク相手の寺越さんが失礼?なトークをどんどん繰り広げていただき、それを窘めるでもなく淡々と自分の思っていることについて話している保坂さんを生で見ているのはすごく痛快で、「東京ってこういう機会がたくさんあるから、文化に興味がある人にとってはとても刺激的な街だな」と、東京に住んでいることに幸せを感じました。トークの内容は一貫したものではなく、あるテーマの部分を拾い上げてぽつぽつと話している様子で、それを理解するのになかなか苦労しましたが、それはそれでとても面白かったです。今までの人生で小説家のトークイベントを見るという機会がなく、今回こんなにも楽しかったので、これからはこまめに情報をチェックして、いろんな人のお話を目の前で聴きたいな、と思いました。あと、「ハレルヤ」という、保坂和志さんの最新作にサインしていただいたとき、保坂さんから私の名前について言及していただき、とてもうれしかったことをここに書きとどめておきます。今年の夏は保坂和志さんの著作を堪能します。

f:id:bigpopmonsterpro:20180810230142j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180810230134j:plain

ハレルヤ

ハレルヤ

 

 

 

そっから渋谷まで歩き、家に帰って夕飯を食べてのんびりとしております。「ああ、なんて平和な一日だったんだろう」とのんびりと優しく過ぎていく時間に感謝しております。そして明日からは韓国旅行。幸せだ。

【2018夏】韓国旅行前夜

明日から韓国旅行に三泊四日行ってきます。ちなみに、去年の夏休みも韓国に三泊四日行きました。

 

 <去年の記事>

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

今読み返してみると去年はなんともまあ無難なスケジュールでした。まあ、今回のスケジュールも去年と大差ないんですけど、「美味しいものだけを食べる」という目標は叶えたいです。あと、身体は壊したくない。

 

明日は16時過ぎに韓国について、そこから電車に乗ってソウル市街地まで行きます。なので初日は晩御飯と軽くショッピングをしてから、二日目に備えてぐっすりと寝る感じになりますね。

 

今回の旅行は、直近のヨーロッパ旅行があったのでまあいいかな、と思っていたんですけど、彼女のほうから「今年も韓国に行こうね!」と言ってくれたことから実現しました。去年は私から誘った感じなので、今回誘っていただいてとてもうれしかったです。でも、今、金銭的に相当やばいので、今回の旅が終わったら相当節制しなくちゃいけないです。まずは外食(主に晩御飯)を自炊して済ますことと、新刊の購入量を減らすこと。毎月、相当な数の本を買っているのにそれを読み切れていない、それなのにまた来月にたくさんの数の本を買って......、と積読がたいへんなことになっているので、本をきちんと読み終えてから買うようにします。でもこれ、言うは易し行うは難しなんですよね。本屋さんに行って本を見ていてよさげな本があったときに、それを買うのを諦めるというのが本当に難しいんです。なので、本屋さんにいく回数を減らすことから始めたいです。あとはAmazonをむやみに眺めないこと。

 

行く店はある程度は決めているんですけど、状況によって変わるかもしれないです。あと、去年と違うことは海外Wi-Fiを借りたことです。まっぷるマップでなんとかかんとかお店に行っていたんですけど、無駄な時間は作りたくない。ということでGoogle Mapで行きたい場所にガンガン行きます。

 

グルメメインの旅で、マックスでも一日に4食以上は食べれないお腹なので、1食1食を大切に食べたいです。ショッピングはあまり興味がないですし、マッサージも怖くて受けたくないし、韓国ドラマを最近は全然見ていないのでロケ地に行きたいというのもないです。食事を楽しむためだけに韓国に行ってきます。歴史的建造物とかも興味ないのがもったいないなあ、とは思うんですけど。あまりスケジュールを詰め込みすぎてしまうとくたくたになってしまって、旅行の楽しさが半減してしまうと思うの。ズイショズイショに余白を作りつつ、楽しむところは全力で楽しもうと思います。

 

それで、今回で韓国に行くのは何回目なんだろう......。他の国に行けばいいのに。と思いながら過ごす夜でした。

62日目「盆休みがはじまった」

ちと残業して(やることないけど帰りづらいときってありますよね。一人で仕事したい)、本屋で昨日情報を入手したふろむださんの『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を購入。ほくほくして家に帰り、本を読んでいるとものすごい眠気に襲われて、誘惑に打ち勝てずごろ寝。

 

21時前に起きて「あっ、やっちまった」と焦りながら、なおものんびりを噛みしめる。スマホポチポチして、クリープハイプのライブチケットの当落発表のメールが届いていた。緊張しながら慎重にページを開いて、スクロールすると

 

「当選しました」

 

の文字が。何年ぶりなんだ、クリープハイプのライブに行けるのは。うれしくて、「百円の恋」を観返したくなりました。もしかしてアルバムリリースのライブに行くの初めてじゃね?今まで行ったのは企画物ばかりだった気がするので。豪華版のアルバムを買ってよかった。あとはアルバムを聴きこんで、仕事を颯爽と切り上げて、ライブに向かうだけだ。今から楽しみ。そしてKANA-BOONのライブの当落発表も来てて、こちらも無事当選してました。対バンやフェスでは観たことがあるんですけど、ワンマンで観たことがないから、どんなかんじでライブを進めるのか楽しみです。KANA-BOONにすごく今はまってて、特に「NAMiDA」が最強のアルバムで、通勤の行き帰りに聴いてます助かってますありがとうございます。一曲目「ディストラクションビートミュージック」からエンジン全開で、シングル発表されたときには微妙だと思っていた「Fighter」がこんなにもいい曲だったなんて。曲順で化けましたね。他にも「バイバイハロー」「涙」「それでも僕らは願っているよ」がいいんだよな、泣けるんだよ。今から他のアルバムも聴きこまないと。特に1stの「DOPPEL」はあまり聴いたことがないので、この機会に聴きこみます。でもライブのために頑張って音楽を聴くってのは本末転倒だな、ってたまに思います。ライブチケットが当たった→あまり曲を知らない→聴きこま糸(義務)って流れはどうなんだろうか。自然な流れは、音楽を聴く→めっちゃかっこいい→ライブいきてえなんだろうね。

 

仕事はほんとに遅々として進まず、教えてくれる人は、ええっと、どこにいるんですか?訊こうにも人がいないし、マニュアルを見てもいまいち意味が分からないし、先輩は休みを取っちゃうし。もー、わからないよいろんなことがふあんすぎる。

 

上司と外に出る機会があって、私から上司に対して話を振るってことがほぼなくて。それは「もし話しかけてそっけない態度を取られたら立ち直れない」と思っているからで、相手ではなく私のための理由で厭になる。そんで、今日歩いているときに「そういえば〇〇から話しかけてきたことってないんとちゃうか?」と言われてぐさりと刺さった。そっからは必死に話題を探して、(これじゃ上司に刺さんないかもしれいけどいいや、ままよ)と話を振ると「そうだよそれそれ、それを待ってたんだよ」といってくれましたありがとうございました。そうか、こんな風にどうでもいいことを振っておけばいいのか。私はコミュニケーションに対してハードルを無駄に上げていたようだ。でも、今日は上司の気分が悪くなかったからいやな感じにならなかったかもしれないが、不機嫌な時にくだらない話題を振って「仕事中にそんな話題を振ってくるな」なんて言われたら、想像すると冷汗が...。考えすぎなんですねはいわかりました。でもわかったのとそれを現実に実行できるのとは違うんで。まあこのことは当分忘れます。盆明けにそれなりに頑張るぞーーー。

 

ということで、明日は悪い芝居の公演を観に行くので、楽しみで楽しみで仕方がありません。ほくほくしてきた。

 

さて、寝れるかな......。

 

 

髭 × the pillows LIVE「HiGENOHi」感想

今日の19時から渋谷のWWW Xで髭とピロウズの対バンライブを観てきました。髭のライブを観るのはすごく久しぶりで、2016年11月の「YAYAYAYAYA」Tourの時以来です。昔っから面白いことやってるバンドだな、と思ってて。その気持ちは今も変わらないです。しかし、他に似たバンドがいないってすごい強みだと思うんだけど、どうも人気が突き抜けないのが悔しい。「Chaos in Apple」の時に出会ったので、もう10年もたつのか。早いな、そして怖い。

 

そしてピロウズですよ。彼らのライブはたくさん観てきたし、11月からニューアルバムのツアーが始まるから近々行けるんですけど、早く「フリクリ」の新曲が聴きたい!そして、アメリカツアーを終えてきた彼らをいち早く観たい!とにかく会いたい!ということでそろそろ台風が直撃しそうな(してたのか?)、そんな日にライブを観てきました。

 

ピロウズは相変わらずのピロウズでした。でも、精神的に少しやられていたので、彼らの歌がすごく心に響いて、泣きそうになってしまった。来年で結成30周年だというのに、なんでこんなにも元気なんだ嬉しすぎるずっと観ていたいよ。演奏した曲全部好きでした。そして、新曲の「spiky seeds」を演奏し始めたとき、「あれ、これ聴いたことあるぞ?」と思いました。フルで聴いたことはないのになんでだろう、と思ったらさわおさんのソロ曲「RED BAT」にすごく似てたからなんですね。まだ曲の良さを十分に感じ取ることができなかったので、早く音源を聴きこみたいです。そしてなにげなく「ぼくのともだち」を演奏し始めて、歌詞のひとつひとつがいちいち優しくて、もうだめなんだな。好きだ、この曲がすごく好きだ。最近の曲は昔の曲に比べてあまり思い入れのある曲って少ないんですけど、この曲はこれからよりすごく好きになっていく気がする。うん、好きという感想しかでない。次のアルバムに入るって知ったときは「入れなくてもよかったのに、全部新曲が良かった」と思ったんですけど、この曲が入っているということはアルバムのツアーでも演奏してくれるということで。この曲を聴くだけでもライブに行く価値が大ありです。早くアルバム聴きてえ。「ぼくのともだち」を演奏し終え、ほくほくしていたら軽くMCをして「Thank you,my twilight」が始まってもう涙出たんじゃないか。ピコピコ音聴きたかったんだ、この曲は私の高校生の青春の曲でもあり、大学生の思い出の曲でもある、とっても大切な曲なんで。それが聴けただけで、「今日まで生きててよかった」と思えました。そのあとも好きな曲をかっこいい演奏で聴かせてくれて、もう大満足でした。

 

結構長めの機材セッティングが終わり(眠たかった.....)、髭が登場。知ってる曲はあまりないんですけで、その中からどばどばやってくださりありがとうございました。髭ってこんなにもかっこよかったっけ、そうかもっこよかったわ、もっとライブ行っとけばよかった、悔しーを何度も思いました。「テキーラテキーラ!」の前の須藤さんのMCがほんと好きです。テキーラは飲んだことないんですけど、飲みたくなっちゃいました。アンコールに演奏した新曲の「きみの世界に花束を」がすごくよくて、「STRAWBERRY ANNIVERSARY」に対する期待値がぐんと上がりました。絶対ライブに行くかんね。

 

ライブ終わりに、節制をしようと思っていたんですけど、髭のTシャツを着たバスター君がすごくかわいらしくて、財布のひもが緩んでしまいました。3,000円也。SとMが売り切れていたので、慌ててXLを買いました。11月の髭のライブに着ていくかんね。

 

ということで、久しぶりにロックンロールを堪能できた一日でした。次のライブは、えーっと、9月のいつだっけ?今年はロックフェスには行かないので、8月はもうライブの予定がございません。禁断症状が起きそうだけど、アナログフィッシュの新譜を聴いてなんとか誤魔化そう。9、10、11月に楽しみすぎるライブが結構あって、今年はまだ生きていける。ということで、台風でライブが中止になることなく、無事に家に帰ってきました。明日はふろむださんの本を買って、一気に読みたいな。以上です。

 

 

<セットリスト>

 

the pillows

01.I think I can
02.Ride on shooting star
03.カーニバル
04.サードアイ
05.Advice
06.spiky seeds
07.ぼくのともだち
08.Thank you,my twilight
09.LAST DINOSAUR
10.ハイブリッドレインボウ
11.Locomotion,more!more!


01.もっとすげーすげー
02.黒にそめろ
03.ロックンロールと五人の囚人
04.Play Limbo
05.青空
06.ハリキリ坊やのブリティッシュジョー
07.ブラッディ・マリー、気をつけろ!
08.それではみなさん良い旅を!
09.テキーラテキーラ
10.白い薔薇が白い薔薇であるように

 

EN1

 

11.きみの世界に花束を

 

EN2

 

12.ダーティーな世界(Put your head)(w/山中さわお)

 

f:id:bigpopmonsterpro:20180808225311j:plain

f:id:bigpopmonsterpro:20180808225323j:plain

 

61日目「あと一日」

人が急に怖くなった。

 

何も疑問を抱くことなく群衆に紛れて生きてきた。でも、隣に存在している人間が何を考えているのかどこまでいっても分からない、という事実に気づいてぞっとして怯えを感じた。にこにこしているあの人は誰かを殺したくて殺したくてしょうがないかもしれない。僕にすごく優しくしてくれている先輩は僕の事をとても軽蔑してて、腹の底で醜いことを考えているかもしれない。隣に立っているこの人は、僕が電車の揺れでぶつかったことに腹をたてて、僕の事を殴ろうとしているのかもしれない。他人の考えていることなんて想像しないで生きてきたから、というよりもしたくなかった。だから、いまさらそんな恐ろしい事実に気づいてしまって、不必要に緊張している。こんなこと考えても何も得しないのに、そうだってわかっているのに一度そっちのモードに入ってしまったらなかなか抜け出せないとうことは自分が一番よく知っております。ああ、早く人間を離脱したい。

 

 

人と話すことが怖いし、すっごくへたっぴになった。久しぶりに仕事で外出する機会があり、上司と一緒に外に出たのだが、こんなにも二人っきりでいるのってしんどいんだね。こんなにも身構えてしまうのは、私が上司に対して勝手に高い壁を建ててしまって、勝手に「嫌われたらどうしよう」と緊張しているだけにすぎない。たぶん、上司は私の事に対して興味なんてそんなないだろう。私が少し変なことを話したところで「こいつすっげえ変な奴だな、うわっ」とか思わないだろう(思わないでいてほしい......)。なのに、自分から話しかけたら変な空気になる→嫌われるという図式を勝手に作って、そのなかで勝手にもがいてる自分はいったい何なんだ?こんなにも他人の事が怖いのは、普段人と接していないからだ。きちんとコミュニケーションを取っているのはほぼ毎日のように電話をしている親と、週に1回だけ会う彼女ぐらいで、東京には知り合いがいない。知り合いはみんな地元に残ったし、地元に戻ったところですごくコミュニケーションをとるわけでもない。みんながわいわいしている中で、一人のんびりとその空気を楽しんでいるだけ。要はすごく受け身な人間なんです。そんな性格でも大学まではなんとか誤魔化してきれたんですけど、社会人になって、それも営業職になんてなってしまったからには、積極的に人とコミュニケーションをとらないとまずいことになるぞ。それは分かってる。すごく痛いほど分かってるよ。でも、そんな簡単には直せないんだよ。甘えだよ、甘えているんだよ。もう嫌だ。上司に「そういえば自分、自分から話を振ってきたことないな」と何気ない感じで言われ、その言葉がぐさりと刺さりました。趣味や知っていることがほとんど一致しない人とコミュニケーションをとることがほんと苦手だな。社会人になってだましだましやってきたけで、そろそろくたばりそうだ。一人でぽつねんと、黙々とやるような仕事したいな。コミュニケーションなんて取りたくないんだよめんどくさい。ってポーズ取るだけで、ほんとは人と楽しく話したいんだけどね、一歩が踏み出せない。

 

明日頑張って、早くお盆休みに突入したいです。

60日目「明日の風」

仕事は今日は研修で、だからいつも零すような愚痴はないのだが、ないのだけど、「実は今の職場は恵まれてるんじゃねえか?人を確信的に徹底的に追い込むようなパワハラくそ野郎がいないから。よくよく考えたら、みんないい人じゃないっすか」なんて、すこしは思ったりもして。この世界にはいろんな人間がいますね。いろんな人に会って刺激を受けて、人として成長したい!!!っなんてこれっぽっちも思ってないんで、できれば人とあまり関わりたくないですね。なんで営業を志望した?志望したわけではない、そこしかなかったからだ。だから、また苦しくなる前に、ここを去る準備をするんだ。まだ全然何もしてないけど。ごろごろしてないで、さっさとしろって感じですけどね。今はサンドウィッチマンの本と、さっき買ったももクロの「鋼の意志」と「Re:Story」をのんびりと楽しみたい。

 

今日書くことないわ。日々に刺激がなさすぎるし、ほとんど何も吸収してないから。でもあれか、研修を受けて「仕事に対して興味をもって自分から知らないことを知りたい!って思えるようになれば自然と人に知らないことを聞くようになるんじゃね?」と思えるようになりました。こんなの進歩でもなんでもないけどね。

 

明日は髭とピロウズのライブに行く予定。台風で中止にならないといいけど。

59日目「もう帰っていいですか?」

会社に行かなくてもいいじゃないか。始業の一時間前に会社に着いて、のんびりとネットでニュースを観てた時間が今日一で有意義な時間でしたね。仕事が始まってから、「えっ、あの、私何もすることがないんですけど。どうしたらいいんですか、何か手伝えることはありますか」状態がほぼほぼ続いて、「なんで俺は復職をしたんだよ!これじゃ何も変わらないよ!てか休職する前よりも扱いがひどくなってるじゃないかよ!と愚痴りたくなりました。でも、気軽に愚痴を零せるような人が会社にはいないので、黙々と仕事している風を装いました。

 

いや、てか今日いったい何だったんだ?行く必要なかったんじゃね?社内に一日中居れるのは助かるんですけど、でも、何もなさすぎじゃね?えっ、仕事は自分から見つけに行かないとダメな感じですか?外のお客様だけじゃなくて、中の先輩にも営業をかけてお仕事をいただかなくちゃいけないシステムでしたっけ?

 

ああくだらね、こんな風に時間過ごすのはゆるーい自殺じゃないか。生きてることが緩い自殺なんだから、それを忘れさせてくれるような時間の過ごし方をしなくちゃな。

 

あとは、SNSのしすぎて嫌な気持ちになった。よくあんなにも貶すことができるよな、そんなことばっかしていると自分に返ってくるのに。今あるもので満足すること、それは無理してでも欲しいものかい?たぶん、冷静に考えたら危険を冒してまで欲しいものじゃないはず。なのに、収集癖が再発しちゃったもので。だめだだめだ。今年はただでさえ旅行でものすごいお金を使っているというのに。節約できるところで節約しないとほんとお金たまらないよ。

 

やっぱ実家暮らししたい。東京で実家暮らしがしたい!!!!!!!!!!!

 

 

 

ももいろクローバーZ「Momoclo Mania 2018 ~Road to 2020~」二日目 感想


bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

一日目のライブが物足りなかったので、二日目のライブは半ば諦めてました。ももクロを観れるだけで、それだけで幸せなんだな、と思うようにしました。

 

昨日よりかはバカ暑くなく、昨日よりも断然いい席だったので、もうそれだけでいいやって思ってました。

 

一曲目が「吼えろ」で、「あんま好きじゃないな」と思った自分に対してテンションが下がりました。そのあとも昨日と同じ曲を披露していく彼女たちに何の非もないだけに、心の底から楽しめない自分が悔しい。もうちょっと楽しめる努力とかできたらなあ。

 

そんなあまりよろしくない気分のとき、ついに、ついにあの曲をやっていただきました。「Z女戦争」です。この曲は大変思い入れのある曲で、ももクロを聴きだすようになった時にすごくはまったものです。カラオケでも声を嗄らしながら毎回歌ってました。今は体力がないんで、全然歌わないんですけど。そんな大好きな曲をやっていただけて、今でも好きなんだなってうれしく思いながら聴いてました。そのあと「境界のペンデュラム」をやっていただき、嬉しかったです。でも今回のライブの肝はそんなとこじゃありませんでした。「BIONIC CHERRY」から「Link Link」、そんでもってれにちゃんの咳からの「黒い週末」で完全に心を持っていかれました。これだよ、こんなにも嬉しすぎて呆然として力の限り応援したくなってしまうこの瞬間が好きだったんだ。

 

そのあとはほくほくとした気持ちでライブを楽しむことができましたありがとうございました。

 

やっぱりももクロのライブを観ないと「夏が始まった」って気分にならないし、そんでもって「夏が終わってしまう、すごく寂しいよ......」という気分にもしてくれました。なので、私の夏は一昨日始まり、昨日を持ちまして終了しました。あとはまあ、惰性のような日々です。

 

ここからは今回のライブで気になったことを書くんですけど、もうスポーツとの融合はやめてほしいです。特にマラソンランナーの方々に対して申し訳ないし(たぶんゴールのタイミングがうまくいっていなかった)、曲に集中できませんでした。あと、今年みたいな猛暑に野外でライブをやるのは危険すぎます。来年はどんな夏になるか分からないんですけど、観客はもとい歌って踊って体力をすごく消費しているももクロの体を本気で心配してしまいます。「ももクロの夏のライブは8月がいい!」という意見はあるだろうし、私もできることなら8月がいいと思うんですけど。一日目の暑さは異常だったんで、どうか彼女たちがダウンしないでライブをできる環境を整えてほしいと思いました。難しいだろうけれど、そんなことを思いました。夏はやっぱり、野外じゃなきゃダメなんですかね。

 

あとはしおりんの「ROCK THE BOAT」の振り付けで大胆だったところが二日目で変更になっていたので、一日目行ってよかったな、と思いました。

 

そんなわけで、今日から現実に戻されてしまったんですけど、9月のミュージカルを励みに頑張っていきます。

 

青春、行きたい......。できれば関東圏で......。

 

あとは春の一大事は一度は観たいから、富山に行くのか?それまで私は土日休みなのか?来年の夏も今住んでいるところで同じ仕事をしていないよう気がするから、もしかしたらももクロのライブに頻繁に行けなくなるのかもな。在宅か......。

 

 

<セットリスト>

01.吼えろ
02.BLAST!
03.Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~
04.ワニとシャンプー
05.Zの誓い -ZZ ver.-
06.ゴリラパンチ
07.ココナツ
08.Z女戦争
09.GET Z, GO!!!!!
10.何時だって挑戦者
11.境界のペンデュラム
12.ROCK THE BOAT
13.笑一笑
14.BIONIC CHERRY
15.Link Link
16.黒い週末
17.希望の向こうへ
18.行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.- 
19.笑顔百景
20.走れ!
21.Hanabi

 

EN

 

22.愛を継ぐもの
23.クローバーとダイヤモンド
24.スターダストセレナーデ
25.Re:Story

 

 



f:id:bigpopmonsterpro:20180807063607j:image

 

<関連記事>

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp